情熱Dreamが見せた、新たなアイドルの姿をライブレポート

情熱Dream アイドル

噂のアラフォー・アラフィフアイドルのライブに潜入! 情熱Dreamの姿に迫る

アイドルブームからアイドル戦国時代へ時は流れ、今やアイドルは日本のカルチャーのひとつになりました。
メジャーで活躍するアイドルからご当地アイドルまで、全国にたくさんのアイドルがいるなか、今までみたことない新たなアイドルが話題になっています。
そのアイドルの名は”情熱Dream“。アラフォー・アラフィフ世代の女性たちが主役となる”AIP(アラフォーアイドルProject)”内のグループです。

今回は、12月11日に渋谷La.mamaで開催された”氏神サンタのクリスマス2017!“に出演した、情熱Dreamのライブに潜入。ライブレポートと一緒に情熱Dreamの魅力を紹介します!


情熱Dreamどういうアイドルなの?

情熱ドリーム

AIP(アラフォーアイドルProject)とは、主にアラフォー・アラフィフ世代の女性たちが主役となり、輝く未来を応援、〝夢〟を実現・創造していく、応援エンタメプロジェクト。AIPが世の代表となり歌やパフォーマンスを披露! 日本中を元気に、キラキラ輝かせたい〟というコンセプトのもと、ライブハウスのショーケース・各種イベント等、さまざまな現場にて活動中。
現在、『情熱Dream』、『虹色ドリーム』、『ときめきDream』の3グループ、『Future Dream』の研修生グループ、計4つのDreamチームが在籍。 2017年には、フジテレビ系列「ザ・ノンフィクション」はじめ、光文社「女性自身」にて特集記事が掲載。各種メディアにも取り上げられるなど、話題を集めている注目のプロジェクトである。

引用:AIP公式サイト

この日、情熱Dreamとしてライブに出演したのは、NAO (リーダー)・Aoi千鶴KOKOお徳ちゃんの5名。
会場には多くの紳士的なファンが駆けつけ、熱いライブでちょっと早いクリスマスの夜を盛り上げました!


アラフォー・アラフィフ世代だからといって、甘く見てはいけない

煌びやかな衣装を身にまといステージに登場した情熱Dream。ライブのスタートは多くのアーティストやアイドルがカバーしてきた「学園天国」を披露し、のっけから会場のボルテージを上げていきます。
情熱ドリーム
アラフォー・アラフィフ世代のアイドルパフォーマンスってどんなものなのか? おそらく誰もが思う疑問ですし、筆者もどこまでやれるのかに注目していたのですが、想像の斜め上をいっていました。
情熱DreamのメインボーカルはNAOとAoiなのですが、この二人の歌唱力が高く、ダンスを踊りながらでも声がブレないので、しっかりしたパフォーマンスになっています。特に会場全体に届く発声の良さとビブラートを使うテクニックなど安定した歌唱パフォーマンス見せてくれますし、全メンバーがアイドルとしてやりきっているので、安心して応援できる印象を受けました。

情熱ドリーム NAO
NAO
情熱ドリーム Aoi
Aoi

情熱Dreamの歌を支えるNAOとAoiは二人で「いつもと同じ夜」を歌唱。
この楽曲は情熱Dreamのバラード曲なのですが、人生経験豊富な二人が歌う情感のこもった歌は、若いアイドルには出せない深みがあります。サビでキレイにハモリを入れながら歌っているのも実力の高さからくるものでしょう。観客も二人の歌声に聴き入っていたので、そのことからも実力の高さがわかります。

情熱Dream / いつもと同じ夜


変化のあるパフォーマンス構成が飽きのこないグループに

この日は情熱Dreamの年内最後のライブということもあって、特別に新曲の「恋するキャストドール」を披露。
ドールを意識したダンスとミュージカル調なサウンドが壮大感を生んでいる楽曲です。ジャズダンスを主体とした振付とドール感を出したマネキンダンス、NAOとAoiの伸びやかな歌唱がまさにシアターにいるようなパフォーマンスを生み出していました。

情熱ドリーム

この曲で注目したいのは、センターのお徳ちゃんです。
NAOとAoiの2TOPを横に、センターポジションで歌い出し、セリフ、間奏のソロダンスなど、美味しいパートを全て担当しています。
お徳ちゃんの「あなたの お好みにして♡」で、ハートを射抜かれたファンも多いでしょう。観客からの歓声も大きかったので、今後ライブの人気曲になりそうです。

情熱ドリーム お徳ちゃん
お徳ちゃん

歌唱メンバーとダンスメンバーがある程度固定されているアイドルグループが多いなか、情熱Dreamは楽曲によってパフォーマンスを変化させられるのも面白いところだと思います。
「恋するキャストドール」では、新加入のお徳ちゃんを大胆にフューチャーするなど、パフォーマンスに幅の広さを感じました。他のアイドルに例えるなら、昔のモーニング娘。の「ザ ピース!」あたりのワクワク感に近いです。
安倍なつみと後藤真希の2TOPに石川梨華が初センターを務めたような、このグループ面白いなという期待を情熱Dreamにも感じました。


情熱Dream / 恋するキャストドール


アラフォー・アラフィフ世代だからこそさらけ出せる新たなアイドル性

ここまでパフォーマンスについて書いてきましたが、もちろんアラフォー・アラフィフ世代らしさも情熱Dreamの魅力のひとつです。
MCでは「今日のライブはテレビ局の方も取材に来ているのですが、私たちの生態を調べに・・・」と自虐を入れつつ観客の笑いを誘う場面も。
1曲終わるたびに給水をとるメンバーに対して「年齢いってるから、こまめにお水取らないとね」など、年齢ネタも随所に盛り込み、現代アイドルらしい親しみやすさも出していました。
情熱ドリーム
パフォーマンスではNAOとAoiが目立ちますが、メンバー自己紹介では、千鶴が「情熱Dreamのご意見番で小姑担当よ」と前に出たり、KOKOが「情熱Dreamのビジュアル担当でーす」とアピールするなど、キャラクターも濃い情熱Dream。MCもなかなかうまくて面白いところもみどころです。

情熱ドリーム 千鶴
千鶴
情熱ドリーム KOKO
KOKO

2曲目に披露した「Happydays」は、パートタイム、デパ地下駆け込み、ママチャリなど、情熱Dreamの世代ならではの歌詞が盛り込まれていて、楽曲にもグループコンセプトが反映されています。

ラストに「今夜もカレーよ」という決めセリフがあるのですが、ライブではその都度セリフを言うメンバーが変わるようなので、推しメンがセリフを担当した時は盛大に歓声を上げて盛り上げましょう。

情熱Dream / Happydays

そして、ライブもラストの曲へ。ファンの「今来たばっかりーーー」のコールを受けて、グループの代表曲「情熱☆ドリーム」を披露。
情熱ドリーム
ファンと一緒に盛り上がる曲で、会場もコールやこぶしを上げて応援する観客の熱で大盛り上がり。サビで「年齢なんて関係ないよ いつだって輝けるよ」と力強く歌っていますが、まさにその通りです。
ステージ上で歌って踊る情熱Dreamの姿は、見ている人に勇気を与えてくれる。まさにアイドルそのものでした。


情熱Dream / 情熱☆ドリーム


人間、歳をとると現実的になるといいますか、できることがどんどん限られていく感覚に陥ります。
情熱Dreamはそんな固定概念を捨てて、いくつになっても夢に情熱を注いでもいいじゃないかという希望を打ち出しているアイドルだと、今回のライブをみて実感しました。
本来、40歳超えてからアイドルを始めるなんて誰も考えないですし、やったとしてもイロモノとして見られてしまうのがオチです。しかし、情熱Dreamには、やるからには精一杯レベルの高いものを観客に見せたい! 私たちを見て、年齢なんて気にしないで夢に向かって頑張って欲しい! というメーセージがライブから伝わってきます。
人に夢と勇気を与える存在。アイドルの真髄を心得た情熱Dreamは応援しがいのあるアイドルグループです!

来春には、全オリジナル曲を収録したフルアルバムがリリースされる予定なので、ぜひ楽曲を覚えてライブに参戦してみてください。

情熱Dreamと一緒に、夢と情熱を追いかけましょう!

 

Text&EDIT_NOZATATSU


《セットリスト》
1.学園天国
2.Happydays
3.いつもと同じ夜
4.恋するキャストドール
5.情熱Dream

《AIP アラフォーアイドルproject INFOMATION》
・AIP公式サイト:http://www.around40.jp/
・AIP Twitter:https://twitter.com/aip40idol
・AIP Facebook:https://www.facebook.com/aip40idol/