年末に向けて豪華カードが決定!「週刊WRESTLE-1 TV #139」公開

週刊WRESTLE-1 TV 139 プロレス

年末も豪華カードめじろ押し! 3大タイトルマッチに大晦日は電流爆破マッチ 「週刊WRESTLE-1 TV #139」

プロレス団体のWRESTLE-1の情報がつまった動画番組”週刊WRESTLE-1 TV“の#139が公開。
番組は、”WRESTLE-1 TOUR 2019 SHINING WINTER”後楽園ホール大会(12月26日)の特集映像第1弾と、大晦日に開催されるWONDER CARNIVAL エディオンアリーナ大阪大会の特集映像が公開された。

2019年WRESTLE-1の締めくくりとなる後楽園ホール大会とエディオンアリーナ大阪大会。
まず、後楽園ホールでは、WRESTLE-1無差別シングル、WRESTLE-1タッグ、WRESTLE-1クルーザー級の3大タイトルマッチが行われることが発表されている。
無差別シングル王者の稲葉大樹は、この日の初防衛戦が復帰戦。タッグリーグ中に欠場のキッカケとなる怪我を負った時の対戦相手だった羆嵐が挑戦者に決まった。
タッグ王者の芦野祥太郎&児玉裕輔は、タッグリーグを全勝優勝したT-Hawk&入江茂弘組と防衛戦。リーグでの直接対決では王者組が負けているだけに、遺恨が残る対決となっている。
そして、クルーザー級王座のエル・イホ・デル・パンテーラは、タイトルの挑戦権を持っている吉岡世起と防衛戦を行う。クルーザーフェスの決勝戦で対決した両者。その時は吉岡が勝利をしているが、はたしてタイトルマッチはどちらに軍配が上がるのだろうか。

それぞれ番組内では、タイトルマッチに関連した過去の対決が公開され、戦う理由がわかりやすく紹介されている。当日参戦する前にチェックしたい内容だ。

番組後半では、大晦日に開催されるWONDER CARNIVAL エディオンアリーナ大阪大会の特集映像が公開。大仁田厚組と電流爆破マッチで対決する征矢学が動き出す! という内容で、タッグを組む大森隆男との密会の様子が公開された。
この二人といえばGET WILDというタッグチームを組んでおり、リング外でもワイルド劇場を繰り広げてきたが、本特集でも二人のワイルド劇は健在。二人ならではの空気感やボケツッコミの応酬。電流爆破マッチに向けた謎の練習も行い、今後の進展が楽しみになる内容に。なお、もう一人のタッグパートナーであるAKIRAは今回の特集には出てきていない。この模様の詳細は、征矢学のYouTubeチャンネル”SOYATube“で公開される予定だ。


週刊WRESTLE-1 TV #139 内容一覧

【12月26日 後楽園ホール大会特集】
3大タイトルマッチカード紹介 (0:48~)

【WONDER CARNIVAL エディオンアリーナ大阪大会の特集】
征矢学始動 (11:07~)


【Web & SNS】
WRESTLE-1 公式サイト:http://www.w-1.co.jp/
WRESTLE-1 Twitter:https://twitter.com/W_1_official
WRESTLE-1 YouTube:https://www.youtube.com/user/Wrestle1official