後楽園大会に向けて前哨戦中盤 「週刊WRESTLE-1 TV #120」公開

週刊WRESTLE-1 TV 120 プロレス

後楽園ホール大会開催迫る! 追い詰められるタッグチャンピオン王者 「週刊WRESTLE-1 TV #120」

プロレス団体のWRESTLE-1の情報が詰まった動画番組”週刊WRESTLE-1 TV“の#120が公開。
番組は、”WRESTLE-1 TOUR 2019 SYMBOL”山形大会(7月21日)の大会ダイジェストと”WRESTLE-1 TOUR 2019 FLASHING SUMMER”の後楽園ホール大会(8月1日)の特集が公開された。

9月1日に開始される団体の年間最大ビッグマッチとなる横浜文化体育館大会に向けて熱い戦いを繰り広げているWRESTLE-1。
山形大会では、8月1日の後楽園ホール大会に向けての前哨戦が行われた。前回の後楽園大会でデビューした藤村加偉は、今回の後楽園ホールで戦う#STRONGHERTSの吉岡世起と対決。必死に食らいつくも、今年のクルーザーフェス優勝の吉岡には遠く及ばず、圧倒的な実力差を見せつけられて敗北した。

9月1日にWRESLE-1復帰をはたす武藤敬司を意識して、シャイニングウィザードで試合を決めた吉岡は、試合後に「今日は触り、後楽園で#STRONGHERTSの本領を味わえ」とコメント。プロレス界の厳しさを新人に叩き込む気満々だ。

後楽園ホールでは、タッグ王座のタイトルマッチが開催され、近藤修司&立花誠吾(王者)VS芦野祥太郎&児玉裕輔(挑戦者)のカードが決定している。その前哨戦が新木場大会から始まっているが、本大会でも立花と芦野&児玉が6人タッグで対峙。パートナーの近藤を欠く立花は、この日のパートナーである稲場大樹&土肥孝司と一緒にEnfants Terriblesを攻めるも、追い込むことはできず。
巨体の羆嵐をブレーンバスターで投げたり、芦野と打撃合戦を繰り広げるなど、見せ場を作った立花であったが、最後は芦野にアンクルホールドを決められギブアップ負け。新木場大会に続いて実力差を見せつけられての敗戦となった。

さらに、試合後にバックヤードでEnfants Terriblesの強襲を受ける立花。タッグパートナーの近藤不在を批判されながら、芦野にモップで顔面をウォッシュされ「俺がお前を掃除してやる」と屈辱的な仕打ちを受ける。
完全に挑戦者が優位に立つ状況になっているが、はたしてタッグチャンピオンタイトルマッチはどのような結末を迎えるのだろうか?

年間最大のビッグマッチに向けて前哨戦スタート! 「週刊WRESTLE-1 TV #119」公開

番組後半では、8月1日開催の後楽園ホール大会の全カードとみどころも公開。
そして、9月1日の横浜文化体育館大会でWRESLE-1復帰をする武藤敬司が、この日直接、自身の対戦カードを発表するという新情報も公開された。

番組では、試合動画やバックヤードでの選手の発言など、内容盛りだくさんなのでチェックしてほしい!


週刊WRESTLE-1 TV #120 内容一覧

【7月21日 山形大会】
1、タナカ岩石 VS 本田竜煇 (0:52~)
2、吉岡世起 VS 藤村加偉 (2:33~)
3、アレハンドロ&河野真幸 VS 征矢学&ペガソ・イルミナル (4:57~)
4、才木玲佳 VS 杏ちゃむ (8:29~)
5、カズ・ハヤシ&アンディー・ウー VS 頓所隼&ル・イホ・デル・パンテーラ (11:08~)
6、稲場大樹&土肥孝司&立花誠吾 VS 芦野祥太郎&児玉裕輔&羆嵐 (14:24~)

【8月1日 後楽園ホール大会特集】
全カード紹介(20:16~)

【プロレス学院物語】
8期生インタビュー(24:47)


【Web & SNS】
WRESTLE-1 公式サイト:http://www.w-1.co.jp/
WRESTLE-1 Twitter:https://twitter.com/W_1_official
WRESTLE-1 YouTube:https://www.youtube.com/user/Wrestle1official