年間最大のビッグマッチに向けて前哨戦スタート! 「週刊WRESTLE-1 TV #119」公開

週刊WRESTLE-1 TV 119 プロレス

WRESTLE-1チャンピオンシップ前哨戦スタート! 「週刊WRESTLE-1 TV #119」

プロレス団体のWRESTLE-1の情報が詰まった動画番組”週刊WRESTLE-1 TV“の#119が公開。
番組は、”WRESTLE-1 TOUR 2019 SYMBOL”新木場大会(7月18日)の試合速報と”WRESTLE-1 TOUR 2019 FLASHING SUMMER”の後楽園ホール大会(8月1日)の特集が公開された。

9月1日に開始される団体の年間最大ビッグマッチとなる横浜文化体育館大会に向けて熱い戦いを繰り広げているWRESTLE-1。
新木場大会では、現タッグ王者の立花誠吾が、初防衛戦の相手に逆指名した芦野祥太郎と6人タッグで対決。元々はEnfants Terriblesとして一緒に戦っていた仲間であるが、芦野祥太郎にチームを追放された立花誠吾は、かつての兄貴分を倒すためにタッグ王座戦の相手として芦野を指名した形だ。
前哨戦となる本試合では、その芦野に圧倒的な実力差を見せつけられて敗退した上に、試合後のマイクアピールでは「そこらへんのジャリと一緒」などといった、屈辱的な罵倒を受けてしまう。はたしてこの不利な状況をチャンピオンの立花がどうやってひっくり返していくのか? その動向が注目される形となった。

前タッグ王者のアレハンドロ&河野真幸とタッグマッチで戦ったアンディ・ウー&頓所隼。勝利を収めたアンディ・ウーと頓所隼が勝ち名乗りをあげると、頓所がアンディに不意打ちのバックドロップをお見舞い。現クルーザー級チャンピオンのアンディに、頓所がついに行動でタイトル挑戦をアピールした。

メインイベントは、『WRESTLE-1 GRAND PRIX 2019』で優勝した稲場大樹が、横浜文化体育館大会のメインマッチで対決するT-Hawkと6人タッグマッチで対決。WRESTLE-1チャンピオンシップの前哨戦となる本試合は、T-Hawkが土肥を仕留めて#STRONGHERTSが勝利。チャンピオンのT-Hawkは「俺に気持ちが届いていない」と、稲葉にまだまだ物足りないと葉っぱをかけ、王者の貫禄を見せつけていた。

番組後半では、横浜文化体育館大会のメインイベントでWRESTLE-1チャンピオンシップをかけて戦う、T-Hawkと稲場大樹。後楽園ホール大会で開催されるWRESTLE-1タッグチャンピオンをかけて戦う、近藤修司&立花誠吾と芦野祥太郎&児玉裕輔の記者会見の模様を公開。それぞれ、試合にかける意気込みを口にしていた。

さらに、8月1日開催の後楽園ホール大会の全カードとみどころも公開。
番組では、試合動画やバックヤードでの選手の発言など、内容盛りだくさんなのでチェックしてほしい!


週刊WRESTLE-1 TV #119 内容一覧

【7月18日 新木場大会】
1、カズ・ハヤシ VS 藤村加偉 (0:48~)
2、征矢学&タナカ岩石 VS 美月凛音&本田竜煇 (3:29~)
3、才木玲佳&安納サオリ VS 関口翔&有田ひめか (5:06~)
4、近藤修司&立花誠吾&ペガソ・イルミナル VS 芦野祥太郎&児玉裕輔&羆嵐 (7:55~)
5、アンディ・ウー&頓所隼 VS アレハンドロ&河野真幸 (13:57~)
6、稲場大樹&土肥孝司&エル・イホ・デル・パンテーラ VS T-Hawk&吉岡世起&エル・リンダマン (16:03~)

【7月19日記者会見】
全カード紹介(19:25~)

【8月1日 後楽園ホール大会特集】
全カード紹介(29:32~)

【プロレス学院物語】
8期生インタビュー(32:38)


【Web & SNS】
WRESTLE-1 公式サイト:http://www.w-1.co.jp/
WRESTLE-1 Twitter:https://twitter.com/W_1_official
WRESTLE-1 YouTube:https://www.youtube.com/user/Wrestle1official