梅棒舞台”Shuttered Guy” 注目ポイントをライブレポート!

梅棒公演 シャッターガイ

梅棒舞台”Shuttered Guy”が好スタート! 押さえておきたい舞台のみどころ

ストーリー性の有る演劇的な世界観をジャズダンスとJ-POPで創り上げるエンターテイメント集団「梅棒」がお届けする、新作公演「梅棒 8th SHOW “Shuttered Guy”」の東京プレビュー・愛知公演が終了。男だらけの梅棒メンバーと個性あふれる実力派ゲストが生み出すダンス演劇は今作も大好評を得ています。そして、公演は残すところ、大阪・福岡・東京凱旋のみとなりました。

今作の梅棒公演は、商店街を舞台に家族や町の人との絆をJ-POPとダンス演劇で紡ぐ、笑いと感動のハートフルドタバタコメディに! 性別や世代を超越した表現で、小学生からシルバー世代、日本人から外国人まで、観る者すべての心を踊らせる内容になっています。

ユースタでは、4月6日から始まる公演に向けて”Shuttered Guy”のみどころを紹介しながらライブレポートをお届け!
観劇前の気持ちを高めるためにご覧ください。


商店街に大型デパートができちゃった! リアルな人間模様が描かれた感動ストーリー

今作は、「ネコダ銀座商店街」を舞台に繰り広げられるストーリーで、商店街で店を構える人たちを軸に話が展開されます。
個性豊かな商店街の人々が平和な日常を送っていた商店街に、突如大型デパートが建設されることに。それから商店街は公演タイトルにもなっている”シャッター街”へと落ちぶれていきます。

これは現実でも実際に起きている地域問題がテーマになっていますが、そこはエンターテイメントとして観せる梅棒の舞台です。ちゃんと涙あり笑いあり感動ありの内容に仕上がっています!
シャッター街になってから、どのような展開で話が進み、最後はどうやって解決されるのか? そして、それをダンス演劇でどう表現するのか? その答えはステージ上でネコダ銀座商店街の人々が伝えてくれるでしょう。
梅棒公演 シャッターガイ
梅棒公演 シャッターガイ
そんなバカな(笑)! と言いたくなるようなハチャメチャ展開から、涙が出てきそうなくらい悲しいシーン、なんでこんなことしたんだ! と怒りたくなるシーンなど、感情移入しやすい公演になっています。


キャラクターが個性的! 全キャストにそれぞれストーリーがある

今作を楽しむために一番重要な要素は、ズバリ! “キャラクター”です。
ネコダ銀座商店街の人々、デパート建設をするセブン姉妹一派、それぞれキャラクターの個性が際立っていますし、愛すべき登場人物として公演の中で生きています。

ネコダ銀座商店街には、くだもの屋にラーメン屋。理髪店に美容室。個性的なファッション店にフリーマーケット。街をうろつくチンピラがいれば、商店街を見守るおまわりさんもいて。無免許疑惑の医院や商店街を見守るマスコットキャラなど、様々なお店や立場の人が生活しています。

梅棒公演 シャッターガイ
梅棒公演 シャッターガイ
梅棒公演 シャッターガイ
梅棒公演 シャッターガイ

そんな商店街の中に、親子、夫婦、孫と娘、カップルなどの対人関係があり、さらに、恋心やライバル感情、親子関係など、様々な心情が絡み合っていき人間味のあるドラマが繰り広げられていくのですが、言葉を一切発しないのにダンスと演劇だけでキャラクターに感情移入できてしまうのが今作の魅力のひとつです。
このキャラクターへの感情移入が、のちに繰り広げられるドタバタ劇をさらに面白くしてくれます。
梅棒公演 シャッターガイ

梅棒公演 シャッターガイ

今までの梅棒公演のキャラクターも個性的でしたが、設定から生まれる個性という側面が強かったように思います。今作の登場人物は設定だけでなく、演者とパフォーマンスから出ている人間味が、登場人物とうまくマッチして商店街に生きる人々を生み出している感覚に近いです。

さらに、某知事をイメージさせる時事ネタ、あの有名読者モデルカップルを取り入れた有名人ネタなど、キャラクターのオマージュ部分を探すのも公演を楽しむひとつの要素になっています。

一回観ただけでも、全キャラクターの個性を把握することは可能です。オススメしたいのは、キャラクターの個性を分かった上で、公演を再度見てみると新たな発見や、この時こんなこと思っていたのかなど、さらにキャラクターの深掘りができて楽しめると思います。


ダンスも商店街 様々なジャンルのパフォーマーが見せるダンス演劇

梅棒の舞台は、JAZZ集団の梅棒に加えて、アイドルやアーティスト、様々なダンスジャンルから客演を呼んでいるのが特徴です。
今作は、様々な人間が集まる商店街と大型デパートが舞台になっているので、キャストのダンスジャンルや得意とするパフォーマンスもバラエティに飛んでいます。人間味からでるキャラクター性だけでなく、ダンスジャンルの違いから生まれる個性もみどころです。

普段ストリートで踊るダンサーが、演技寄りのダンスに挑戦していたり、自分の得意とするダンスジャンルを曲の世界観に合わせてダンスをするなど、梅棒公演でしか絶対に見られないダンスパフォーマンスが終始繰り広げられます。
そして、油断している頃に、得意とするダンスやパフォーマンスのマジムーブを披露したりするので、常にステージ全体から目が離せません。
梅棒公演 シャッターガイ

ここで、あえてダンスに関して一人だけ人物をあげると、Beat Buddy BoiのRYOが演じるキャラクターはかなり衝撃的です。「HIPHOPってこんなこともできるんだ!」「こんな恥ずかしいこともやっちゃうの?」といった驚きのシーンがあります。
梅棒公演 シャッターガイ
それぞれ、キャラクターごとにみどころがあるので、自分の好きな”推しキャラ”を見つけて観劇するもの楽しみ方のひとつです。


ステージを飛び越える公演! 観客と一緒に作り上げるライブ感

今作は、ステージ上だけでなく客席を使った演出もあります。
冒頭のとある知事とのやり取りはのちに意外な形で生きてきますし、商店街のいざこざに観客が巻きこまれるなど、目や耳だけでなく体全体で楽しめるライブ感が満載です。
セブン姉妹の圧倒的なオーラもステージでは収まりきらないといったところでしょうか。

ワクワク感を常に切らさない公演となっています。
梅棒 シャッターガイ

ダンス演劇が音楽を生き生きさせる! J-POPの使い方が秀逸

梅棒の舞台に欠かせないものはダンス演劇だけではありません。公演中に使用されるJ-POPも舞台の世界観を作る重要な要素です。
今作もストーリーの展開に合った楽曲が効果的に選曲されていて、商店街とデパートを巡る人間関係ということで、人間味を感じる楽曲たちが全24曲使用されています。

毎公演のことですが、”歌詞とストーリーを合わせる”、”曲調とストーリーを合わせる”、”曲のイメージとストーリーを合わせる”など、J-POPの使い方が巧みです。もはやJ-POPに対してリスペクトさえ感じます。

さらに、楽曲は幅広い年代に刺さるようなラインナップになっているので、音楽に置いてかれるということもありません。今作用に作られたオリジナルソングも温かみのある楽曲になっています。

ひとつだけネタバレがない程度に紹介すると、昨年社会現象になり、ダンスシーンでも話題を呼んだ某アイドルグループの楽曲が使用されています。昨年末は特に話題と注目を浴びたので、この曲できたか! という一種の高揚感を味わえるでしょう。

この曲を梅棒が振り付けるとどうなるのか? 一見、今作の世界観と合わなそうな楽曲ですが、見事にマッチしてしまう不思議さと圧倒されるパフォーマンスは必見! J-POPもこんなに美味しく使われて喜んでいることでしょう。

音楽がダンスと演劇によって生まれ変わる様を、音楽とダンス演劇が極限までにマッチしたステージングを五感を通して堪能してほしいです。
梅棒公演 シャッターガイ

なお、豆知識ですが、”Shuttered Guy”の公演パンフレットには、公演で使用された楽曲のセットリストが記載されています。各楽曲の振付担当も記載されているので、観劇前の予習に使うなり、観劇後の答え合わせに使うなり、個人の楽しみ方に合わせてパンフレットを読むと理解がさらに深まると思います。

 

今作の”Shuttered Guy”は、登場人物の人間味が魅力的で、そこから生まれる人間模様が心を揺さぶられる公演です。
そして、真剣にふざけて、真剣に笑かしにきて、真剣に作品の世界観を作り上げているチーム感が、生きるのって楽しいんだなっていう活力をくれる舞台になっています。
残す公演も大阪・福岡・東京凱旋の3箇所。笑いと涙、そして感動が渦巻く”Shuttered Guy”を、生で体感してください!


【INFOMATION】
梅棒 8th SHOW “Shuttered Guy” 公式サイト:http://umebou.daa.jp/8th_shutteredguy/

大阪公演
会場:梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
公演日程:2018年4月6日(金)~4月8日(日)

チケット情報はこちらから

福岡公演
会場:福岡国際会議場メインホール
公演日程:2018年4月12日(木)~4月13日(金)

チケット情報はこちらから

東京凱旋公演
会場:世田谷パブリックシアター
公演日程:2018年4月18日(水)~4月26日(木)

のチケット情報はこちらから

梅棒 8th SHOW Shuttered Guy スポット映像

出演者コメントを見たい方は、下記URLをチェック!!

http://umebou.daa.jp/8th_shutteredguy/movie.html