新たなダンスツールの誕生か?! 振動で音取りをする”Sync-pulse”

Sync-pulse ダンス

振動が新たなダンスシーンを生み出す?! 音が聞こえなくてもダンスができる”Sync-pulse”とは?

日本電信電話株式会社(以下、NTT)は、2018年4月28日(土)、29日(日)に、幕張メッセで開催された”ニコニコ超会議2018“に、NTTブース「NTT 超未来大都会-NTT Ultra Future Peta City」を出展した。

4月28日・29日の両日、ステージ・スタジオゾーンでは、最先端技術を使って、ライブ、ダンス、ゲーム実況などの多彩なステージイベントを実施。
4月29日には、でんでんステージにて”超触覚変換「ハプティックで伝達しまSHOW」“が開催され、「Sync-pulse 振動で踊ってみた」のプロジェクト紹介が行われた。

渡邊淳司(NTT コミュニケーション科学基礎研究所)氏がプロジェクトの説明を行い、実際にどのような形でダンスに繋がるのかということを、耳の聞こえないダンサー(Deaf Dancer)の鹿子澤拳が装置を着用してダンスパフォーマンスを披露するという形で進んだ本イベント。

ユースタではその模様をレポートで紹介!!


Sync-pulseってそもそもなに??

レポートに入る前に今回のプロジェクトである”Sync-pulse”について紹介しよう。

 

Sync-pulseは「同期する」の「Sync」と、(踊りたい)「衝動」という意味の「Pulse」を合わせて作られたプロジェクト名。

音楽に合わせて踊るために作られた振動(リズムを強調したり、振りやメロディに合わせた振動)を非可聴音通信によってダンサーに届けるシステム。
非可聴音通信とは、通常、人が聞こえないといわれている高い周波数帯の中に信号を埋め込んで通信するもので、人には聞こえないが、スマホでは検知可能な信号として情報を伝達する仕組み(非可聴音通信の 仕組み自体はエヴィクサー株式会社が開発)。
スマホの中に音楽に合わせた振動情報が入っており、非可聴音信号を検知することでそれが再生される。
また、スマホの音声出力部分は、ダンサーの胸と背中につけられた小型の振動子に接続され、音楽に合わせた振動を提示する。

Sync-pulse 振動で踊ってみた

 

もう少し一般的に分かりやすく噛み砕くと以下のフローになる。

1、人間には聞こえない非可聴音に振動を送る信号を入れて通信機に送る(振動を送られるダンサー以外には信号がわからないようになっている)


2、ダンサーは通信機をハーネス等で体に取り付け、振動に合わせて踊る(振動によって、ここの音でアクセントを取るなどの判断ができるようになる)


3、見ている側は、ダンサーが音のアクセントに合わせて踊っているように見えるので、ダンスに大切な音に乗ってるを感覚をダンスで表現できるようになる

というイメージだ。

そして、このシステムをより視聴者に分かりやすく理解してもらうため、実際に耳の聞こえないダンサー(Deaf Dancer)の鹿子澤拳によるダンスパフォーマンスが披露された。


ダンスシーンに新たな可能性が生まれるかもしれない! 振動で踊るダンスパフォーマンスの出来栄えは?

まずは、”Sync-pulse”を使用してダンスパフォーマンスを披露した鹿子澤拳について紹介しよう。

Sync-pulse

生まれつき聴覚に障害がある(感音性難聴)。幼い頃からダンスに興味があり、高校生1年より少女時代等のk-popの分野で踊ってみたを始める。ストリートダンス歴(Lock、Hip Hop)4年。
2017年、東京2020公認文化オリンピアード SLOW MOVEMENT Next Stage ショーケース&フォーラム「聞こえなくても、 聞こえても(ダンス劇)」 / ヨコハマ・パラトリエンナーレ 2017 空中パフォーマンス (エアリアル) / Rock Carnival ミュージカル 2017 あうるすぽっとタイアップ公演シリーズ:「夏の夜の夢」。2018 年、ア ジア太平洋障害者芸術祭「TRUE COLOURS FESTIVAL」 BOTAN x DAZZLE メンバーとして出演。

引用:公式プロフィール

鹿子澤は、パフォーマンス前に自身の感音性難聴の特徴を説明。
「居酒屋や駅など騒がしい場所だと音が聞こえない」「高音が聞こえない」というふうに、聞き取れない種類の音があることを自身の生い立ちも含めて話す。

ダンスに状況を当てはめると、騒がしい会場では音が聞き取れない。曲中の高い音が聞き取れないということになる。

そういう状況で”Sync-pulse”を使い、どうやってダンスパフォーマンスを行うのか?
視聴者の興味が集まるなか、渡邊氏と鹿子澤拳から、パフォーマンスができるまでの説明が行われた。

Sync-pulse

今回、鹿子澤が披露する楽曲は、ニコニコ動画でも人気の定番曲である『千本桜』。
まずは、ダンサーに指示を送る振動を作るために、『千本桜』の踊りやすい譜面を鹿子澤が作成(どこでダンサーが振動が欲しいかという譜面)。それをベースにして振動を作成する。
それを非可聴音に乗せてスマートフォンに送信。鹿子澤はそのスマートフォンを胸と背中に固定して、振動に合わせてダンスパフォーマンスを行った。

鹿子澤拳 踊ってみた

鹿子澤拳 踊ってみた

『千本桜』がかかると、一気にダンサーの顔に切り替わる鹿子澤。
ビートが細かく、リズムの早い楽曲であるが、ちゃんとビートに合わせてビッチがずれることなく踊れていることに関心を奪われる観客たち。
ダンサーなら絶対にここで音ハメをするだろうというギターのアタック音も、振動で把握できるからか完璧に音ハメをキメる。そのダンスは音が聞こえないということを感じさせないパフォーマンスになっていた。

 

さらに、このシステムの面白いところは、振動を作る譜面にダンサーの音取りの個性が現れるということだ。自分なりに音を感じてダンスにアクセントをつけているダンサーがほとんどだと思うが、このようにダンスの音取りを譜面にすることは新しい試みになるので、ダンスのデータ化という観点で見れば非常に面白く、新しい表現やビジネスに繋がる可能性もあるのではないかと考えさせられる部分もあった。

Sync-pulse ダンス

パフォーマンスを終えた鹿子澤に感想を聞くと「会場のざわめきがあったり、高い音が聞き取れなかったけど、振動があったので助かりました。」と”Sync-pulse”が自身のダンスパフォーマンスの向上に役立っていたと発言。
研究者の渡辺氏も「まだまだやれることはたくさんある」と”Sync-pulse”は将来性を秘めていることをコメントし「触覚があることで新しい世界。人と人を繋げたい。研究続けます」と熱い想いを語った。

その後、舞台は”超踊ってみた”ブースに移行。
JALとのコラボレーションで行われた”超踊ってみた フェス”に、鹿子澤と筑波技術大学のダンスサークル”Soul Impression”のOBメンバーが参加した。

Sync-pulse ダンス
鹿子澤拳 踊ってみた
鹿子澤拳 踊ってみた

触覚情報の伝送による新たな身体表現や音にとらわれないダンスの可能性を実現する”Sync-pulse”プロジェクト。
ここ最近ダンスは、運動療育に取り入れられたりなど、様々な形で人間の表現や成長の促進に使用されている傾向がある。そして、何よりこのプロジェクトの素晴らしいところは、振動による身体表現がもたらす新たな世界で人と人を繋げる可能性をも広げるというところだろう。

ダンスに言葉はいらない、国境はないと言われているが、人種だけでなく、個性でも繋がれるツールにダンスはなっていく。それを実現させるために”Sync-pulse”の導入が一般化されることに期待したい。


《Sync-pulse 振動で踊ってみた プロジェクト》
企画:渡邊淳司(NTT コミュニケーション科学基礎研究所)
ダンサー:鹿子澤拳
プロジェクト・インタープリタ―:和田夏実
触覚デザイナー:鈴木理絵子
触覚制作ディレクター:鈴木泰博(名古屋大学)
ウェアラブル技術協力:吉田知史(of Sheep inc.)
運営協力:野口綾子
非可聴音通信技術協力:エヴィクサー株式会社
システム開発協力:株式会社カタリナ