ダンサーにとって大切な練習場所「安田ビル」の思い出を聞きました

ダンス 安田

そこにはダンスへの愛と夢と物語があった…。ダンサー思い出の練習場所「安田ビル」

関東のストリートダンサーにとって必要不可欠な練習場所だった安田ビル(現 損保ジャパン)。
そこにはダンスと音楽が好きなダンサーたちが集まり、毎晩練習や、仲間たちとの語り合いで盛り上がりを見せていました。

現在は、使用マナーの問題などにより使用制限がなされ、昔のような活気はなくなりつつありますが、そこはダンサーにとって重要なスポットだったのです。

ユースタではそんな思い出のスポットに注目。プロダンサーたちに「安田ビル」について、当時の思い出を聞きました。


安田ビルってどんな場所?

関東には、様々なストリートパフォーマンスの練習スポットがありますが、その中でも安田ビルは歴史が深く知名度も高い場所です。
元々、安田ビルが私有地でありながらダンスの練習場所として容認されたのは、当時のダンサーが安田ビルの警備員に直談判して使用できるようになったという経緯からきています。


ブレイクダンスのパワームーブを練習するB-BOYとB-GIRLたち


多くのダンサーがここでガラスに映る自分の姿を見て、ダンスを磨いていきました。

 

しかし、近年では利用者の使用マナーに問題があるとして、2016年に一時使用禁止令が出てしまいます。その後、一時禁止令は解かれ、現状は音出しやゴミなどの衛生面のルールを守ることを前提として、一部分のみ使用可能になりました。

ついにダンス使用禁止?関東ダンサーがこよなく愛する練習場所「安田ビル」に再び張り紙が

現在は正面玄関側が使用禁止。西側(野村ビル側)での練習のみ許可されています。

新宿 安田ビル

昔を思えば悲しい結果ですが、これは、安田ビルがダンサーにとってカルチャーのひとつになっていた背景を汲んでくれた損保ジャパンビル側の優しさと理解。そして、損保ジャパンビル側と話し合いの場を作り、ダンサー代表として、ダンサーたちの思いを伝えてくれた、想いの強いダンサーによる活動があって、最悪の自体を回避できたという背景があります。

そのことを心に留めて、ダンサーたちは安田ビルを使用して行かなければいけません。

そして、使用にあたってこういった話し合いの場が持たれるほど、「安田ビル」はダンサーたちにとってたくさんの思い出がありました。

自分のダンスに向き合った日々、仲間たちとダンスを磨き合い夢を語ったこと、ダンスを通じて広がる人の輪。多くのダンサーの数え切れない歴史が刻まれています。

そんなダンサーたちに、当時の話を聞きました。


「全てはそこから始まったと言ってもいい場所」 GOTO

GOTO
DREAMS COME TRUE 専属パフォーマー 「S+AKS」のメンバーの1人。

「S+AKS」はメジャーシーンはもちろん、ダンスシーンやクラブシーンでも絶対的な存在で、全国各地でゲストショーケースやワークショップなどを行い、その活動が注目されています。

2006年に結成された、当時ストリートシーンで都内を中心に全国で絶大な人気を誇るダンスチーム『Rockwilder』の一員で、ZEEBRAが代表を務めるレーベル【GROUND MASTER】所属のパフォーマンスクルー『SHOWGUN』のメンバーでした。

※2015年に卒業。

GOTOさんにとって「安田ビル」はどんな場所でしたか?

若き日に仲間と夢に向かって情熱を注いだ場所です。
当時は、「Rockwilder」というチームで活動していて、たくさんいるダンスチームの中から、少しでも自分達が前に出るために、暑い日も寒い日も必死で練習してました。

当時、印象に残っているエピソードはありますか?

まだRockwilderが出来る前に、知人を経て知り合った、リーダーのMAA君と初めて一緒に練習したのが安田ビルでした。
全てはそこから始まったと言ってもいい場所なんですよ。

今は全然行っていないので定かでは無いですが、少し前にSNSを通じて安田の使い方が悪いから使用できなくなる、みたいな投稿を目にしたことがあります。
安田は昔から警備の人が来てもダンサーに対して理解が深く、その対応を感謝し使っていた自分たちも近くにあるゴミを必ず拾って綺麗にしてから帰ってたものです。
当たり前に使える場所じゃなく、みんながその環境に感謝し、ダンサーである前に人としての行動を願うばかりですね。


「今考えても刺激的で羨ましい場所」 落合将人(MST)

落合将人(MST)

ストリートダンサーとして活躍後、須藤元気率いるパフォーマンスグループ「WORLDORDER」のリーダーとして活躍。YouTubeに投稿されたWORLD ORDERの動画は国内外で大反響を呼び、100万を超える再生回数を誇り、国内外のビッグイベントに出演。多くのメディア出演も果たしました。
WORLD ORDER脱退後は、ダンサー活動だけでなく、空手とエクササイズを合わせた「KARATECISE TOKYO」の立ち上げ並びに運営。さらに写真家としても活躍中です。

将人さんにとって「安田ビル」はどんな場所でしたか?
一言でいうと「交流の場所」ですね。ダンサーとはほとんどこの場所で出会いました。ほぼ毎日練習に行って、その中で色んな人たちと出会えた貴重で特別な場所です。
練習も大切だけど、仲間と出会うこと、交流することはとても大切なことだと思います。
そんな大切な事をたくさん学ばせてもらいました。

当時、印象に残っているエピソードはありますか?
僕はダンスを始めるのが遅かったんですが、当時すでにゲストとしてクラブイベントなどに出演してるような有名な人たちがみんな普通に安田で練習していて、憧れながら安田に行ってましたね。
POPで言うとフォーマーアクションやblack D.O.G.Sなど。彼らを横目で見ながら必死に練習しました(笑)
いつか見てろよ〜!みたいな(笑)

今も活躍してる人たちが一堂に集まっていたあの時は、今考えても刺激的で羨ましい場所ですね。


「デジタルではなくてアナログも人間性を教える1つ」 YOUCAN

ダンサー YOUCAN
ダンサーオーガナイズイベントの基礎を築いたパイオニア的存在で、ダンスイベントが増える中でも、他のイベントにはない、エンターテイメント性の高い独自のイベント「YOU~遊~」や「遊び箱」を主催しています。
2015年に「株式会社 遊」を設立し、代表取締役に就任。プレイヤーと社長業の兼任をしながら、イベント出演の他、ファッシ ョンモデル、イベントオーガナイザー(1500 人強)、ダンサー、アーティストマネージメントなど、マルチな活動を展開。ダンサーの明るい未来を作る1人として躍進中。
現在は、ホリエモンがプロデュースするアイドルの「東京藍小町」と「九尾狐」の振付並びにダンス指導も行なっています。

YOUCANさんにとって「安田ビル」はどんな場所でしたか?
本来のストリートダンサーが最も練習場所として集まる場所かな?
今有名なダンサーもよく見かけたし、1週すれば知り合いが大勢いるんですよ。挨拶するだけで30分~1時間は余裕でかかってしまう『ダンサーの家』みたいな交流の場だった気がする・・・。
ただ一般の方が普通に通るので、一番に気を使い譲り合うっていう温かい場所でもあったなと思いますね。

練習場所がなくても反面を譲ってくれたり、知らない人でもすぐ仲良くなれてすぐに友達も増えましたよ!

当時、印象に残っているエピソードはありますか?
エピソードっていうか常に毎日いたから人生の中の1つって感じかな。
夏はコップに入ってる氷を買って、1,5リットルのコーラとかを買って注いだコーラがとにかく美味い!  冬はビックサイズのカップ麺を寒いなか、ガラス越しに座ってみんなで食うのがとにかく美味い! っていうダンスと関係ない事がよく覚えています(笑)
それと毎回誰がスピーカーを持ってくるのかとか、じゃんけんで電池を用意する人を決めたり、振付を作ったものを写しっこしたりするのもずっとやってきた気がする。今考えるとジャンル関係なくやってたなぁって思いますね(笑)
これがPOPだったんだとか、これがHOUSEのステップなんだとか、なんでもやってた気がするな(笑) JAZZ以外はね(笑)

取り敢えず集合場所が安田だったから無意識に集まる場所であって、そこから1日が始まるなって感じでしたね。
純粋に楽しかったなぁ。

今の時代は、スタジオも充実しているし、鏡もあって、音響設備も抜群で、なぜかお金も持ってる?(笑)
だから本来のストリートダンスってあまり実感ないんだろうなって思いますね。今の世の中、ネット社会だから苦労しないで全てが手に入るようにもなったし、苦労も昔と比べて減った気もします。
自分の先輩が 安田ビルの偉い方に頭を下げて借りれるようにしてくれたり、使った場所は必ず使った時より綺麗にして帰る! などしっかりマナーも教えてくれた。
なんか古いけど、デジタルではなくてアナログも人間性を教える1つとして残すものは絶対必要なんだなってこの歳になって改めて気づきましたね。


「思う存分自分の感覚を磨ける場所」 KAZ

5ignal Kaz
EXILE ATSUSHIのライブツアーでバックダンサーを務めるなど、プロダンサーとして輝かしい実績を持ち、ダンスだけでなく雑誌のモデルなどの経験を持つダンサー。
ASURA、unione square、1983crewといったダンスチームで活動しています。
また、ダンスボーカルグループの5IGNALのメンバーとしてもオーバーグランドで活躍しており、映像やデザインの方面でも活動しているマルチなアーティストです。

KAZさんにとって「安田ビル」はどんな場所でしたか?
10代後半は池袋に住んでいたので、毎日ストリートでの練習は芸術劇場前でした! 駅近くの公園の中にあるということもあり、夏は外国の方と盛り上がったり、冬は雪に当たりながら練習した覚えもあります(笑)

新宿の安田へも何回か行きました!
やはりダンスとしての活気は、こちらの方が盛んなイメージがあります。仲の良いダンスチームも練習していたり、暗さが丁度よくて、ガラスにもよく姿が映るイメージですね。

当時、印象に残っているエピソードはありますか?
最近ではゴミ問題なんかもよくSNSで目にしますが、当時の安田を使うダンサーさんは皆帰りにコンビニ袋にゴミをまとめて持ち帰ってるイメージだったので、問題になってると聞いた時は意外でした。

ここ数年でスタジオも増えてきましたけど、それほど大きくない音でその季節にあった気候の中、思う存分自分の感覚を磨ける場所、近隣の方の理解があり出来る事でもあるので、これからも芸術劇場前であったり新宿安田ビルであったりダンサーの「生まれる場所」大切にして行きたいですね!


「暗黙の了解で安田ビルだった」 MOTOI

ダンサーMOTOI
渋谷第三世代として渋谷を中心にカリスマ的存在であるダンスチームのひとつLYRICAL THANKSのメンバー。+HESOCIE+Y(ソサエティ)というチームでも活動中です。
ファッション誌などの数多くのモデルを務める他、ダンス情報誌「movement」のイケメンダンサーアンケートで、1位に輝いたというイケメンエピソードも持っています。

安室奈美恵、DREAMS COME TRUE、加藤ミリヤ、GENERATIONS といった、有名アーティストのPVに出演。また、劇団EXILE 松組の舞台に出演するなど、パフォーマンスの幅が広いダンサーです。

MOTOIさんにとって「安田ビル」はどんな場所でしたか?
「野外のスタジオ!!」 です!
深夜の集合場所って感じで、チーム組んでた人との会話で、「明日深夜練ね」ってなったら場所の説明なしに暗黙の了解で安田ビルでした(笑)

他のジャンルのダンサーさんとも触れ合える場所だったので、刺激をもらえる場所でもありましたね!

当時、印象に残っているエピソードはありますか?
冬は西新宿の特有のビル風が吹いててめちゃめちゃ寒い!!(笑)

辛いエピソードです(笑)

最近は貸しスタジオが増えたのもあって、スタジオで練習するのが普通になってるのを見てると、少し寂しい気もするなぁ!
安田の窓を鏡にしてた時代がなつかしいっ!(泣)


「たくさんのカラーとエネルギーで溢れていた」 CRAYZY SHIZUKA

ダンサー CRAYZY SHIZUKA
数々のコンテストやバトルで高成績を納め、ファッション、音楽、ダンスをCRAZY SHIZUKA独特のスタイルで発信している実力派フィメールダンサー。また、TV、CM、舞台、アーティスト振り付け、ファッションショーの演出など様々な分野で活躍中です。

「Red Print」での舞台演劇や、宮本亜門演出のブロードウェイミュージカル「the WIZ」出演など役者としても活動中。
Rei Dance Collectionの総合演出、最近ではアイドルの振付にも幅を広げ、私立恵比寿中学『参枚目のタフガキ』の振付が話題になりました。

CRAYZY SHIZUKAさんにとって「安田ビル」はどんな場所でしたか?

上京する前から憧れだったダンサーのtraditional聖地です!

当時、印象に残っているエピソードはありますか?
関西に住んでいて、ダンス修行するために東京に出てきた時に、良い練習場所があると聞いていったのが安田ビルなんです。
初めての聖地にビビりながら行ったら、ビルの周りにはたくさんのカラーとエネルギーで溢れていたのを覚えています。そこから私もカラーの一部として1人黙々と練習しました。
もう8年以上前ですね!(笑)


安田ビルで練習していた時の若手ダンサーも、今やダンスシーンの第一線で活躍するプロダンサーに成長しました。
練習場所として使わせてくれる安田ビルに感謝しつつ、ダンスを通してダンサーたちが腕を磨き、ダンサー同士でコミュニケーションをとって人間関係ができていく。
そんなダンスストーリーが生まれる場所があったからこそ、世間に注目を浴びるようになった今のダンスシーンに繋がっているのではないでしょうか

昔と練習場所に関する状況は変わっても、こういった歴史やエピソードも大切にして、ダンスを楽しんでいきたいですね!

下記に今回インタビュー掲載したダンサーのプロフィールや活動をまとめたので、安田で練習してきたダンサーの現在にも注目してください。


ダンサー INFOMATION

GOTO

instagram:https://www.instagram.com/510s_aks_rockwilder/

《ダンサー情報》
6月10日(日)に江戸川区総合文化センターで開催される”ZEAL STUDIO 19th 発表会”の総合演出を担当。

GOTO「最高に楽しい発表会になるので、是非観に来て下さい‼️‼️‼️」

http://www.zeal-studios.com/event/index.html


落合将人(MST)

公式サイト:https://www.masatoochiai.com
Twitter:https://twitter.com/mst_the_one
instagram:https://www.instagram.com/masato_ochiai/

《ダンサー情報》
空手とエクササイズを合わせた「KARATECISE TOKYO」運営中。

KARATECISE TOKYOについてはこちらの記事にも詳しく掲載されています。

http://you-sty.com/karatecise-ochiaimasato


KAZ

公式サイト:https://5ignal.tokyo/
Twitter:https://twitter.com/KAZ_ASURA
instagram:https://www.instagram.com/kazto4/


YOUCAN

公式サイト:http://you5.co.jp/artistlist/youcan/
Twitter:https://twitter.com/youcan_style
instagram:https://www.instagram.com/youcan_style/

《ダンサー情報》
□ホリエモンアイドル(東京藍小町/九尾狐)の演出・振付・ダンス指導。

□川崎クラブチッタで、8月12日(日)に”YOU(遊)Vol.19″開催!

詳細はこちらからご確認ください。


MOTOI

公式サイト:https://www.lyricalthanks.com/
Twitter:https://twitter.com/LYRICAL6MOTOI
instagram:https://www.instagram.com/baze.jam_motoi/

《ダンサー情報》
□茨城県つくば市にある「studio No LIMIT」で毎週木曜日レッスン中!

毎週木曜日
・初級クラス 18:00~19:30
・中級クラス 19:30~21:00

スタジオ公式サイト:https://studio-no-limit.amebaownd.com/
Twitter:https://twitter.com/studio_No_LIMIT
instagram:https://www.instagram.com/s.n.l.2017/

□LYRICAL THANKS冠番組『SHIBUYA STREET DREAMS〜リリカルと愉快な仲間達〜』が、毎月第2月曜日19:00〜放送中。

次回放送は5月14日(月)予定!

視聴はスマホアプリ「Stagerlive」をダウンロードしてもらうか、PCサイトでご覧ください


CRAYZY SHIZUKA

公式サイト:https://crazyshizuka.com/
Twitter:https://twitter.com/CRAZY_SHIZUKA
instagram:https://www.instagram.com/crazy_shizuka/

《ダンサー情報》
□STUDIO MISSIONで、4月21日(土)に”CRAZY SHIZUKA WS vol.7″開催!

詳細はこちらからご確認ください

□JADE原宿店で、4月29日(日)に”CRAZY SHIZUKA Special Event”開催!

詳細はこちらからご確認ください。