女性必見! 次世代ギャル向けの古着などを取り扱う期間限定ショップ「RELECT」が渋谷にオープン!

RELECT 渋谷

未来の渋谷を体現! 次世代ギャル向けの古着などを取り扱う期間限定ショップ「RELECT」が、渋谷にオープン!

ここ数年、カルチャー面での最重要キーワードであった『90年代リバイバル』を背景に、再燃の兆しを見せている新たなギャル文化。
大規模な再開発の進む渋谷も、原宿KAWAIIに変わる形で、新たな情報発信の場として再び存在感を示している。

2019年3月16日、エイベックスのクリエイティヴ・レーベル “2nd Function” は、トレンドファッションを発信し続けている『MARK STYLER』が運営するRUNWAY channel Lab.(渋谷スペイン坂)にて、全く新たな形のカルチャー・ショップ「RELECT by RUNWAY channel Lab.」を、期間限定でオープンさせる。


RELECT by RUNWAY channel Lab.とは

ファッションを中心に据えつつ、次世代の音楽キュレーションや、SNS向けのフォトジェニックなスポットなどを盛り込んだ、通常のアパレル店とは一線を画す “NEWEST” なカルチャー・ショップ。

2nd Functionとは

世界的なファッションあるいはテクノロジー企業とタッグを組み、次々とエンターテック・コンテンツを制作してきたアート&クリエイティヴ・ディレクター集団。
『MUTEK』『SLUSH』『TOA』などでXRをはじめメディア・アートを発表。
今夏には表参道交差点のビルを一棟丸ごとアート空間に染め上げた個展『DOLLHOUSE』を開催し、大きな注目を集めた。

フューチャリスティックなフォト・スポット

代表作の「RGB_Light」など様々なアートを発表する一方で、表参道交差点のビル一棟をピンク化し大きな話題を呼んだ「DOLLHOUSE」をはじめ、ファッショナブルなエキシビジョンを次々に手掛けるアート・ディレクター「河野未彩」が『未来の90年代』をコンセプトに、未来と過去という相反するフューチャリスティックな世界観を表現した。

L.A.で買い付けを行ったギャル向けの古着を販売

独自のセンスに落とし込んだスタイリングで、数多くの雑誌やモデルからラブコールを受けるスタイリスト “RiBBON” こと「カトウリサ」がこの店のためだけに、L.A.で買い付けを行った『ギャル向けの古着』を販売する。

ここだけにしかない RELECT AUTOMAT(自動販売機)

今流行しているコスメやここでしか聴けない音楽など、女子には嬉しいプレゼントがもらえる自動販売機を設置。

今後もリアルなメッセージを伴った洋服のリメイク企画、次世代ギャルに向けた新たなメイクアップを提唱するコスメ・イベントなど、続々と新たな体験型もしくは参加型コンテンツを充実させていく。

本日、開設されたオフィシャル・ウェブサイトにては店舗の完成予想図が、動画にて公開されている。そこで流れる90年代リバイバルのJ-POPトラックにも要注目だ。


RELECT by RUNWAY channel Lab.(リレクト バイ ランウェイチャンネル ラボ)
住所:東京都渋谷区宇田川町16-15 SR6
グランドオープン:2019年3月16日(土)
※5月中旬までの期間限定開催
営業時間:11:00~20:00
定休日:毎週水曜日
公式サイト:https://relect.net/