夏に聴きたいおすすめサマーソング! 落合将人(MST)編

落合将人(MST) 夏 曲

令和初の夏が到来! この夏に聴きたい夏の名曲を落合将人(MST)がセレクト!

さまざまなテーマで音楽のプレイリストをレビュー付きで紹介するこのコーナー。今回は特別企画として、各方面で活躍するアーティストによる”オススメプレイリスト“を作成!

夏に聴きたいおすすめサマーソング!“をテーマに、エピソードや注目ポイントたっぷりのレビュー付きで紹介します!

今回、プレイリストを作ってくれたのは、世界的活躍を果たしたパフォーマンスグループ「WORLD ORDER」の元リーダーであり、現在はダンサー・ダンスインストラクター・KARATECISEインストラクター・モデル・カメラマンと、多彩な才能を活かしたアーティストとして活動中の落合将人(MST)

落合将人(MST)がこの夏オススメしたいサマーソングとは?!
たっぷりとお楽しみください!


1.『DOKO』 / KEN-U

知ってる人も多いかもしれませんが「KEN-U」と言えば…この曲が代名詞! そして、何よりも名曲ではないでしょうか!? そう、僕が初めて耳にしたのは、ダンスを始めて意気揚々とクラブ通いしていた頃でした。(そんな時代もありました。笑)
明け方まで踊り、終わる直前にこの曲が流れた時にはなんとも心地良かったのを今でも覚えています。

その頃、僕が聴いていた音楽は”HIPHOP”や”FUNK”、”ELECTRO”しか聴いていなかったので、突然流れて来たこの「早口日本語」に衝撃を覚えました笑

すぐにDJブースへ駆け寄り、アーティスト名と曲名を聞いて気分良く帰ったのは今でも忘れられない良い思い出です。

どこか切なくなるメロディだけれど、どことなくセクシーで、夏の夜にピッタリな楽曲だと思っています。今の若い世代の子達でこの曲を知らない子がいるのであれば、ぜひこの夏に聴いて欲しい一曲です。


2.『そばかす(JUDY AND MARY COVERS)』 / A BOY’S SONG

JUDY AND MARYの名曲である『そばかす

アニメ「るろうに剣心」の主題歌としても起用されていました。この曲は、そんな名曲『そばかす』を”A BOY’S SONG”という覆面バンドが大胆に「英語歌詞」にしてカヴァーした楽曲なんです。

「え?何これ!?ジュディマリなのに英語じゃん!」と、当時この曲が流れてきた時にツッコミを入れた自分がいました。笑

英語の歌詞というだけで”驚き”と”新鮮味”があるんですけど、何と言っても曲調が良い!! オリジナルとはガラリと雰囲気が変わっていて、より勢いのある夏のワクワク感を感じられるような仕上がりになってます! この疾走感がたまらないんですよね。

僕は車に乗って仕事に行く事があるんですが、その時はこの楽曲を必ず流します。他にも、A BOY’S SONGのアルバムはどれも懐かしい楽曲がカヴァーされているのでオススメです。もちろん、ノリノリになるのは良いですが安全運転で。


3.『サーカスナイト』 / 七尾旅人


これは僕が強力にオススメしたい最強の夏ソング? いや、夏以外もいつも聴いていますね僕は。笑

まず、七尾旅人さんとは一度お仕事でご一緒した事があるのですが、お話しした感じがとても物腰柔らかくて雰囲気のある方で一気に虜になりました。その時に会ったのがきっかけで、七尾旅人さんの曲をチェックするようになったのですが、優しくて綺麗な音楽と歌声によりハマっていきましたね。

特にこの『サーカスナイト』は、言葉の言い回しが絶妙で、自分の感情をまるでサーカスの綱渡りをするピエロの心情に重ね合わせているような歌詞なんです。素人目でもとても綺麗な歌詞だなぁと感じました。

また”綱渡り”という高揚感のある内容なのに、曲の落ち着いた感じが見事にミックスされていて、切なくて儚い作品になっているんです。

同じく、ミュージックビデオもとても落ち着く内容になっています。シンプルだけど、演出がとても心地よくてこの曲の世界観がしっかりと表現されているのも見どころです。

夏の夜のチルな気分にどうぞ・・・。


4.『熱帯夜』 / SPEED


SPEEDというと深夜の音楽番組「THE夜もヒッパレ」を思い出す方も多いんじゃないでしょうか。確かこの番組でグループ名が決まり、その後デビューを果たしたんですよね。

デビュー当時は全員が、小・中学生という若さで一気にトップアーティストへ駆け上がりました。

そんなSPEEDは、元気いっぱいな楽曲から大人顔負けのメロウソングまで幅広い表現のある歌唱力があります。

この『熱帯夜』は当時大ヒットした『Wake Me Up!』というシングルのカップリングとして収録されていたので隠れた名曲だと勝手に思っています。

まさに熱帯夜の寝苦しい時の気だるい感じが表現されていて(もちろん良い意味で笑)、思わずリピートしてしまいます。途中の間奏部分でセリフが入るんですが、ここがまた斬新で惹かれたんです! 「え?何!?普通に喋るの?」みたいな。笑

でもそれが変な感じじゃなくナチュラルに曲の世界観とマッチしてて、もうセリフがないと落ち着かないわけですよ。カラオケで歌う時はぜひ恥ずかしがらずにセリフを決めてみてくださいね。

SPEEDは知ってるけど、『熱帯夜』は知らない!って人はすぐにチェックチェック!


5.『Garden』 / sugar soul feat. Kenji


1999年の夏の終わりに発表となったこの楽曲。僕が大学一年生の夏休みを満喫し、そろそろ夏休みが終わるな~という時に出会いました。

ボーリング場で突然流れてきた透明感ある音楽に、一瞬にして耳を奪われたのを覚えています。休みが終わってしまう寂しさを、優しく包み込んでくれるような壮大な楽曲になんとも言えない虚脱感を覚えました。笑

もちろん、それくらい「すごい!」と思える瞬間でもありました。

Sugar soulの楽曲ですが、作詞・作曲に大好きなDragon Ash降谷建志さんが参加しているのにもグッときましたね。

ミュージックビデオもとても印象的で、オーケストラをバックに熱唱するsugar soulに見惚れたものです。2009年にMay Jがカバーした事で、再び話題になったのも記憶に新しいですよね。どんな形であれ良い曲というのは、世代世代で伝わっていくんだろうなぁと思っています。この曲もずっと世代を超えて伝えていきたい曲です!


落合将人(MST)

落合将人(MST) 夏 曲
小学生から空手を続け、大学までに全国大会優勝・世界大会ジュニアの部で3位に入るなど、好成績を残す。空手道引退後はストリートダンスの世界に入り、ソロやチームで様々なダンスコンテストやバトルで優勝するなどダンサーとしても輝かしい実績を持っている。
2009年には、パフォーマンスグループ「WORLD ORDER」の立ち上げから参加し、YouTubeで公開した動画が最高2400万再生を記録するなど、世界的パフォーマーの一人として世界各国でライブパフォーマンスを行った。同グループでは、リーダーとして楽曲の振付を担当し、MVやライブの構成、演出なども手がける。
2015年からは、カメラマンとしての活動もスタート。作品展の開催・人気漫画「ONEPIECE」のフィギュアのパッケージ撮影・東京カメラ部写真コンテストinstagram部門選出など、新たなアーティストとしての才能を開花させた。
2017年から、空手とエクササイズを合わせた「KARATECISE TOKYO」を立ち上げ。現在、三軒茶屋と池袋のスタジオでKARATECISEのレッスンを持ちつつ、「DANCE」「KARATECISE」のプライベートレッスンや地方への出張レッスン、各イベントなどに出演、振付などを行なっている。
ダンサー・ダンスインストラクター・KARATECISEインストラクター・モデル・カメラマンと、多彩な才能を活かしたアーティストとして活動中。

公式サイト:https://www.masatoochiai.com
Twitter:https://twitter.com/mst_the_one
instagram:https://www.instagram.com/masato_ochiai/

《インフォメーション》
【KARATECISE TOKYO】
空手とエクササイズを合わせた「KARATECISE TOKYO」運営中。

KARATECISE TOKYOについてはこちらの記事にも詳しく掲載されています。

空手サイズで健康な体作り! 指導者は有名グループの元リーダー

【イベント出演】
台湾花蓮地震復興支援活動 「日本夏祭り2019」
日程:7月27日
場所:台湾
出演:落合将人(MST)

群馬県前橋市花火大会
日程:8月10日
場所:群馬県
出演:PASSIONE
公式サイト:http://maebashihanabi.jp/

千葉県船橋ダンスサークルイベント
日程:8月17日
場所:千葉県
出演:ユニット出演