RABが神イベントを作る! 「踊り手サミット」ライブレポ

踊ってみた RAB 踊り手サミット

RAB(リアルアキバボーイズ)が踊り手の魅力を引き出す! 初の踊ってみたイベントを開催

7月2日(日)、アニソンダンスのパイオニアであるRAB(リアルアキバボーイズ 以下略 RAB)が初の踊ってみたイベント「踊り手サミット」を六本木morph-tokyoで開催した。この日イベントを盛り上げたのは、主催であるRABとRABが一目置く踊ってみたチームから、アナタシア鎖音プロジェクトACE SPECの3組。1部と2部に分かれた同イベントは、高いダンススキル、テンション上がるアニソン&ボカロ、上質な笑いを観客に届け、終始熱い盛り上がりを見せた!
ライブパフォーマンスはもちろんのこと、RABとのコラボレーションや、サミットならではの企画など、内容盛りだくさんで届けた「踊り手サミット」。ユースタでは2部の模様をライブレポート!


踊り手サミットって?

「踊り手サミット」は、踊ってみたでトップクラスの実力とオタク度を持つRABが主催する踊ってみたイベント。「アキバ×ストリート」など、アニソンダンスバトルを主催してきたRABが、初めて踊ってみたイベントを開催することで注目を集めた。
RABがMCを務め、進行されるイベントはまた違ったRABを見られて新鮮。RABが厳選して招集した踊り手達も、実力派から個性派まで幅広いラインナップで、まるで踊ってみたの対バンともいえるイベントになった。

初回となる今回は以下の踊ってみたチームが出演!

アナタシア
アナタシア
鎖音プロジェクト
鎖音プロジェクト
ACE SPEC
ACE SPEC
RAB
RAB

出演者の名前だけですさまじいイベントになることしか予想できない「踊り手サミット」。さっそくライブレポートをお届けしよう!


RABを脅かすブレイキンで圧倒的な実力を見せる! ACE SPEC

ACE SPEC
踊り手サミットの先陣を切るのは、実力派ブレイカーが揃ったACE SPEC。『カウボーイビバップのOP』がかかると、会場からは早くも大歓声が。ブラスサウンドが際立つサウンドでラグジュアリーにキメるACE SPEC。その流れで2曲目は、多彩なフットワークとキレのあるパワームーブで一気に観客の目線をステージにロック。ワンハンドラピッドのギネス記録を持つASHITAKAのバリエーション豊富なラピッドで、音ハメを次々にキメていくムーブはアニソンダンスならではの魅せ方だ。

ACE SPEC

その高い実力から硬派に見えるACE SPECだが、MCに入ると親しみやすい自己紹介とトークで会場を盛り上げる。

ACE SPEC

MCが明けると新作の『ダヴィンチの告白』を披露。この日ライブで初公開となるネタであったが『ダヴィンチの告白』の持つ曲の力もすごく、観客はイントロから大歓声。そこにACE SPECのブレイキンが肉付けされヤバいショーへと変貌を遂げる。これぞ踊ってみたの醍醐味だ!

ACE SPEC
ACE SPEC

ラストは『ヒビカセ』を披露。観客の「おぉーー!」という期待とテンションの高ぶりを感じる歓声が、ACE SPECのパフォーマンスにエンジンをかける。パワームーブ、ルーティンからソロを交互にキメるブレイキンのフルコースに、終始観客のテンションはマックスハート状態。途中マイクを使い煽るなど、ダンスショーケースではなく踊ってみたライブだということを見せるのも忘れない。
全員がエース級のスペックを持つ踊ってみたチーム。まさにチーム名のごとくハイクオリティなライブパフォーマンスを見せた!
ACE SPEC


出典:ニコニコ動画

RABとACE SPECがガチでブレイクバトル!

踊り手サミットではただ踊り手がライブをするだけでなく、主催のRABが考案したコラボレーション企画が用意されている。同じブレイクダンスを踊るACE SPECに用意された企画は「狭い場所でダンスバトル 第1回狭いスペースで踊っちゃう狭さバトルー!」。八角形に置かれたペットボトルを倒さないようにブレイクダンスバトルを行なう、オクタゴンと呼ばれるダンスバトルで総当たり戦を行った。

涼宮あつき(RAB) VS Nico(ACE SPEC)

踊り手サミット

踊り手サミット

まず、先攻はACE SPECのNico。イケメンなルックスとフットワークやチェアーでボトルを倒すことなく完璧にムーブをキメ、観客のハートを掴む。対する後攻の涼宮あつきは、先輩としての威厳を見せるかのようにNicoのムーブを返し、オタクとしてのプライドをかけて渾身のムーブを見せる! これは名勝負になると誰もが思った瞬間、最後の最後にペットボトルを倒してしまった涼宮あつき。観客から「えーーー!?」というエーイングを浴びながら、オタクとしてのオチを生んでしまうのだった。勝敗はパーフェクトムーブを見せたNicoの勝利。

涼宮あつき

ムラトミ(RAB) VS ASHITAKA(ACE SPEC)

踊り手サミット

踊り手サミット

バトル前にムラトミがマイクを握ると会場からは黄色い声援が飛び交う。おそらくこの世のオタクの中でこんなに黄色い声援をもらうのは彼だけなんじゃないかと思うほどに。そして、執拗にバトル相手のASHITAKAを挑発するムラトミ。闘志が燃え上がっているのか、それとも万が一自分がミスったときのために用意した前フリなのか、真意は分からないがASHITAKAの先攻ムーブでそのインパクトは無に帰ることになる。
なんと、意気揚々とステップを踏み始めたら、しょっぱなボトルを倒すというやらかしをしてしまう。これは予想外だったムラトミも「見てなかったことにするから」という男気を見せて、泣きのワンチャンスをもらうASHITAKA。なんとかムーブを繋げることが出来たが、パーフェクトまでにはいたらなかった。対するムラトミも軽快なフットワークを披露した直後にボトルを倒すという結末に。あらためてオクタゴンの難しさを認識させ結果はドローとなった!

ACE SPEC ASHITAKA

ドラゴン(RAB) VS 超妖怪弾頭ネオたん(ACE SPEC)

RAB ドラゴン

超妖怪弾頭ネオたん

もう後がないRABは世界一のブレイクダンスチーム・FOUNDNATIONに所属するDRAGONが降臨。対するACE SPECはアキバ×ストリートで2連覇を飾った実力者、超妖怪弾頭ネオたんが迎え撃つ。「ぶっつぶします!」と強気発言をキメたネオたんはその言葉通り、パワームーブを繰り出し、縦横無尽のフットワークでボトルをあざ笑うかのように舞い続ける。肘ラビットを使い音ハメするテクも見せ、ノーミスムーブを繰り出し、DRAGONにプレッシャーを与えた。
対するDRAGONもこれが世界レベルのブレイキンだと見せつけるようにフットワークからパワームーブに繋げるが、ここで無情にもドラゴンの体がボトルに触れてしまい、バトル終了の時を迎えてしまう。これによりネオたんがDRAGONから勝利をもぎ取り、ACE SPECの勝利が確定した!

負けたチームは罰ゲームで一発ギャグを披露することになったのだが、RABから選ばれたのはバトルに一切関係のなかったマロンに。マロンスマイルも一瞬曇ったが、渾身の一発ギャグ「鶴の恩返し」を披露して観客の笑いを誘った。

踊り手サミット

 

次ページ:アナタシアと鎖音プロジェクトが登場!