この冬に見たい音楽ドラマ!三宅亮輔主演『キャンドル』公開!

noto 三宅亮輔 キャンドル

MEN’S NON-NO 専属モデル・三宅亮輔主演音楽ドラマ『キャンドル』ついに公開!

“物語のある音楽”をコンセプトに活動する音楽ユニット“noto”(読み:ノート)が、MEN’S NON-NO専属モデル・三宅亮輔を主演に迎えた音楽ドラマ『キャンドル』をYouTubeにて公開した。

noto – 音楽ドラマ『キャンドル』

noto は、“誰もが自由に書き込んで紡いでいく音物語”をテーマに、毎回作品に沿ったボーカルとクリエイターを起用して、音楽で物語を紡いでいくボーカル不在の3人組バンド。その第1弾となるのが、“音楽ドラマ『キャンドル』”で、楽曲制作の前にオリジナルの物語を書き下ろし、そのシナリオに沿うように主題歌楽曲が制作されている。

同音楽ドラマは、倦怠期気味のカップルが、3年記念日に起きた“ある出来事”をきっかけに、再び愛の炎を灯すラブストーリー。タイトルにもなっている“キャンドル”が物語のキーとなり、寒い冬の夜にそっと揺らめく“キャンドル”のような温かく優しい物語だ。
主演を務めるのは、MEN’S NON-NO 専属モデルとして活躍する三宅亮輔。ほかキャストとして、柏原美紀と湊結祐が名を連ねる。また主題歌「キャンドル」のボーカルを担当するのは、羽方美紅。心地の良い低音ボイスとエモさ溢れる歌声が人気を博し、TikTok のフォロワー数が8万人を超える、今注目の女性シンガーソングライターだ。


音楽ドラマ『キャンドル』ストーリー

社会人4年目の木村凛太郎(三宅亮輔)と社会人5年目の松岡はな(柏原美紀)は、もうすぐ付き合って3年記念日を迎える。3年前の12月20日に出会い、停電の日にはなが渡した“キャンドル”をきっかけに仲良くなった二人は現在、同棲中。だが、仕事が忙しい凛太郎は、はなからの連絡に気づかないことが多く、すれ違う日々を送っていた。
はなが寂しさと不安を抱く中、記念日である12月20日を迎える。この日も朝、凛太郎に送ったメッセージはいつまでも未読のまま。そんなとき、東京で3年ぶりに大規模な“停電”が起こる。二人の馴れ初めを知る後輩・田中健(湊結祐)からの「あの日と同じ日に停電。ここぞってときじゃないんですか?」という言葉をきっかけに、凛太郎は、はなのもとへと走り出す……。


《三宅亮輔 プロフィール》
noto 三宅亮輔 キャンドル
1995年7月3日生まれ、京都府出身。2015年9月より、ファッション誌『MEN’S NON-NO』専属モデルとして活動。2018 年から本格的に俳優業も始め、2019年には4月期の水曜ドラマ『白衣の戦士!』(日本テレビ系)や、7月に全国公開された映画『アンダー・ユア・ベッド』などに出演を果たしたほか、10 月には舞台『365 日、36.5°C』で初の主演を務めた。またセンチミリメンタル 「キヅアト」や My Hair is Bad「運命 / 幻」や井上苑子「ナツコイ」などのMVに起用されるなど、急激に活躍の場を広げている。

《noto プロフィール》

noto
(写真:左から)【Dr.】tsuru【Ba.】ayuna【Gt.&Pf】mihiro

2019年12月結成。“誰もが自由に書き込んで紡いでいく音物語”をテーマに、毎回作品に沿ったボーカルとクリエイターを起用して、音楽で物語を紡いでいく、ボーカル不在の3人組バンド。作詞作曲はmihiroが手掛け、作品ごとに全く色の異なった楽曲を展開する。
Twitter:OfficialNote
instagram:noto__official

《作品情報》
音楽ドラマ『キャンドル』
出演:三宅亮輔 柏原美紀 湊結祐
企画・プロデュース:mihiro(noto)&まぬ
脚本:まぬ
監督:井上晃祐&池上一希
撮影:菅慶太
音声:百瀬賢一
編集:池上一希

羽方美紅
主題歌『キャンドル』
歌:羽方美紅
作詞作曲:mihiro(noto)
編曲:noto
2019年12月20日(金)YouTubeにて配信