窪塚洋介 DIVINERのブランドアンバサダーに就任!

窪塚洋介 DIVINER

窪塚洋介がメンズファッションブランド・DIVINER(ディバイナー)のブランドアンバサダーに就任

ブランドコンセプト、「RECKLESS LIFE(レックレスライフ)=妥協の無い生き様」の御旗の元に、自分に嘘をつく人生は楽しくない、自分に正直に、自分の信じた人生を生きぬく、そんな妥協の無い生き様にふさわしいファッション、ライフスタイルを提案し続けてきたDIVINER。
今回そんなブランドコンセプトの体現者として、俳優・窪塚洋介をブランドアンバサダーとしてタッグを組むことを発表。
今後の展開に注目だ。

《今後の展開》
〇12月28日 公式インスタグラムで情報解禁
【instagram|公式DIVINER】
https://www.instagram.com/diviner_official/


窪塚洋介が、ブランドアンバサダーに抜擢した理由とは

窪塚洋介 DIVINER

日本の芸能界の第一線を走り続けてきた窪塚洋介。
俳優、レゲエシンガー、ミュージック・ビデオ監督、カメラマン。
そして最近では海外作品への挑戦も記憶に新しい。
様々な顔を持ちながらも、己の信じた生き方を貫き通してきた窪塚さんの生きてきた道は、正にDIVINERのコンセプトでもある【妥協のない生き様】そのものに重なる。

窪塚の自信の信じた道を行く芯の強さにこそ、DIVINERのブランドコンセプトが寄り添えると確信し、今回のブランドアンバサダーへの起用に繋がったとのこと。


DIVINER(ディバイナー)とは

窪塚洋介 DIVINER
「RECKLESS LIFE=妥協のない生き様」をコンセプトに、トレンドやスタンダードなデザインに、ブレな男らしい解釈を交えた”大人のストリートスタイル”を提案するメンズファッションブランド「DIVINER」を2008年から始動。

シーズンごとにテーマを変え、それぞれの「ルーツ」を重んじた妥協のない生き様を表現する、メッセージ性の強いストリートなグラフィックデザインが得意。

そんなブランドが大切にする価値観が“死生観”であるからこそ、ブランドアイコンは「骨(Bone)」だ。

そしてブランド始動から10年を境目に、新たなコレクションテーマ「ReBone」を発表。

「10年目でルーツを回帰、これまでのルーツを背負い、そして新たなルーツを切り開く」というブランドの挑戦を、「生まれ変わり」という意味の“Reborn”と、DIVINERの死生観=“Bone”をかけ合わせた「ReBone」でスタートする。

 

 

オンラインストア 【公式】DIVINER:https://www.joker-ev.jp/