ドラクエ11神ゲー記念! 歴代ドラクエの名曲10選!

ドラクエ ドラゴンクエスト 音楽 ドラクエ11

名曲揃いのゲーム音楽 ドラゴンクエストの音楽プレイリスト

ユースタがさまざな音楽をチョイスして紹介するコーナー『PLAY LIST
今回は、久しぶりにナンバリングの新作として発売された「ドラゴンクエスト11」の発売を記念して、歴代のドラクエからおすすめの音楽をチョイス。数ある名曲の中から10曲を選びました。曲のレビューと一緒にドラクエ作品の思い出も書いていきます。番外編も数曲用意しましたのでお楽しみください!
それではさっそく、ドラクエの音楽をプレイしましょう!


1.ドラゴンクエスト全シリーズ / 序曲


出典:Youtube

ドラゴンクエストといったらこの曲は外せません! ドラクエ全シリーズのオープニングで使用されている『序曲』です。
1986年にドラゴンクエスト1が発売され、シリーズ誕生から30周年を迎えたドラクエのオープニングを飾ってきた曲で、動画のようにオーケストラで演奏されるまでの神曲になりました。もはや日本を代表する音楽のひとつと言っていいでしょう。

有名な話ですが、ドラゴンクエストの音楽を作曲しているすぎやまこういちは、この『序曲』をたった5分で考え付いた話しており、一説ではトイレの中で浮かんだという話も。トイレの話が本当かはさておき、すぎやまこういちは『序曲』に関して「5分+54年で出来た」と言っています。今までの経験があったからこそ、5分で生みだすことが出来た。天才だからこそ生み出せた名曲です!


2.ドラゴンクエスト1 / 洞窟


出典:Youtube

ドラゴンクエストはこの作品からスタートしました。ドラクエ1の洞窟の音楽です。
ドラクエ1は光の玉を竜王に奪われ、闇の世界に染まろうとしているアレフガルドを、伝説の勇者ロトの血を引く子孫(主人公)がアレフガルドに平和をもたらすために竜王討伐に行くというストーリー。
ロトの装備を集めながら、さらわれたローラ姫の救出に進み、見事竜王を打ち倒すのですが、その間に探索することになる洞窟の音楽がこの曲です。

ドラクエ1の洞窟は今は亡き「レミーラ」という呪文か、道具で松明をわざわざ使わないと真っ暗で進めないという妙にリアルな設計。この曲のすごいところは、まず2音だけで作られていることと、階を下がるにつれて音楽のテンポや音色が変わり、奥深くまで進んでいることを音で表現しているところです。

筆者は兄がプレイしているのを横で見ていたのですが、怖くて固まりながら見てたのを思い出します。

竜王の誘いにのって、世界の半分をもらわないようにしましょう。
ローラ姫もちゃんと助けましょう。

この曲はファミコン版のピコピコ音で聴くのが1番おすすめです!


3.ドラゴンクエスト2 / 果てしなき世界


出典:Youtube

続いてはドラゴンクエスト2から『果てしなき世界』です。
ドラクエ2は前作のドラクエ1の続編で、邪神を復活させ世界を滅ぼそうとしている大神官ハーゴンを、ロトの子孫が討伐に行くストーリー。メインシステムとして、ローレシア王子、サマルトリア王子、ムーンブルク王女の3人で旅をする、パーティー制が導入されました。この『果てしなき世界』は、3人目のムーンブルクの王女が仲間になるとフィールドの音楽として流れます。
ムーンペタを出た瞬間、この音楽が流れたときの感動って言ったらないですよね。これから本当の冒険が始まるんだ! という高揚感がたまりません。これをたった3音で作り上げるテクニックも神業です。

ドラクエ2といえば、ロンダルキアの洞窟の難易度が有名ですね。洞窟を抜けても回復スポットの祠につくまで油断はできません。「祠につくまでがロンダルキアの洞窟」とはよく言ったもので、多くのプレイヤーを失意の底に落としました。

ちなみにリメイク版では、サマルトリア王子が呪いでパーティーを離脱をするイベントがあるのですが、そのまま2人でクリアすることも可能です。その場合サマルトリア王子から悲しい言葉が発せられます。さらにシカトして城に戻ると、かわいそすぎる展開になりますので、ちゃんと3人で『果てしなき世界』を聴きながら、世界を救ってください!


4.ドラクエ3 / 勇者の挑戦


出典:Youtube

これは必ず入るでしょう。ドラゴンクエスト3から『勇者の挑戦』です。
ドラクエ3は、ドラクエ1、2より後の作品になりますが、ストーリーは1、2よりも前の話しになります。そう、ドラクエ3は勇者ロト誕生までの物語を描いた作品です。父親オルテガの意思を継ぎ、打倒バラモスの旅に出る勇者(主人公)。長い旅路の末、魔王バラモスを倒しますが、その背後には大魔王ゾーマの存在が。なんとバラモスはゾーマの部下の1人に過ぎないという。地下世界のアレフガルドに赴き、ゾーマを討伐に向かう勇者一行。そして、たどり着いたゾーマとの対決でこの『勇者の挑戦』がかかります。

ドラクエのラスボス音楽の中でトップクラスの人気を持つ曲ですし、シリーズ全体を見ても神曲の部類です。7月末に発売されたドラクエ11でも、とある重要場面で使用されています。それだけドラクエにおいて格式の高い曲ということでしょう。
ファミコン版、スーファミ版、オーケストラ、どれも味があるので、メドレーになっている動画を用意しました。この曲の奥深さを楽しんでください。


4.ドラクエ4 / ジプシーダンス


出典:Youtube

名曲の宝庫、ドラゴンクエスト4から『ジプシー・ダンス』です。
ドラクエ4は天空シリーズの1作目で、勇者と導かれし者たちが集結し、魔族の王デスピサロを倒すというストーリーなのですが、少し考えさせられる内容になっています。ラスボスのデスピサロは、勇者の故郷を滅ぼした憎き相手なのですが、デスピサロにも人間を滅ぼす理由がちゃんとあって、敵にも戦う理由があるというのを提示したストーリーでした。

ドラクエ4は5章仕立てのオムニバス形式になっていて、仲間の旅立ちを描いたストーリーをプレイしてから、5章で勇者を動かすことになります。冒険の書を作って勇者の名前を入力したのに、いきなりピンク色のライアンと呼ばれるおっさんが出てきてびっくりしたプレイヤーも多かったはず。今回紹介する『ジプシー・ダンス』は4章の「モンバーバラの姉妹」の戦闘曲で使われています。
踊り子・マーニャの情熱的な部分と占い師・ミネアのエキゾチックな部分がよく曲に現れている名曲です。ちなみにマーニャダンスと銘打たれて「踊ってみた」の振付も公式で用意され、踊り手たちにも動画投稿されています。

ドラクエ11でもベロニカ&セーニャの姉妹が登場しますが、どことなく性格もマーニャ&ミネアに似ている部分があって、ドラクエ4の経験者はニヤリとしたのではないでしょうか。

 

次ページ:まだまだ続くドラクエの音楽10選