DANCE DANCE ASIA–Crossing the Movements 東京公演 2019 開催迫る!

DANCE DANCE ASIA2019 みどころ

今年も国境を超えたダンスストーリーが繰り広げられる! DANCE DANCE ASIA–Crossing the Movements 東京公演 2019の見どころとは?!

国際交流基金アジアセンターと株式会社パルコが、2019年7月12日(金)~14日(日)の3日間、東京・池袋の東京芸術劇場シアターウエストにて『DANCE DANCE ASIA–Crossing the Movements 東京公演 2019』を開催。

5年目を迎える今回の東京公演では、世界のダンスシーンで活躍する日本とアジア気鋭の振付・演出家、ダンサー、音楽家、総勢48名が集結し、国境を超越した発想やテクニック、身体能力から生まれるダンス表現の最先端を披露する。

公演に先立ち、6月27日に公開リハーサルを開催。3T(スリー・ティー/ベトナム)、Nikii(ニッキー/タイ)振付・演出の2作品のクリエイションが公開された。


DDA東京公演2019 『Inception―夢のまた夢のまた夢のまた夢…』

Nikii(ニッキー/タイ)が振付・演出、スズキ拓朗が振付・演出補佐をおこなった『Inception―夢のまた夢のまた夢のまた夢…』は、それぞれの国籍の違うダンサーたちが、自身の生き様やアイデンティティをダンスで表現し合う作品になっている。
DANCE DANCE ASIA2019 みどころ
DANCE DANCE ASIA2019 みどころ
DANCE DANCE ASIA2019 みどころ

夢がテーマになっており、演出で登場する風船にはある仕掛けが施されているとのこと。どのような仕掛けがあるかは、実際に公演を観たときのお楽しみだ。
KEIN(ケイン/日本)、MC Buck(エムシー・バック/ベトナム)、Topiek SmallBlack(トピエック・スモールブラック/ラオス)、VI VIEN(ヴィ・ヴィエン/マレーシア) のダンスパフォーマンスと、ヒューマンビートボックスのWadafu*k(ワダファック/タイ) とのコントラストもみどころの一つだ。
DANCE DANCE ASIA2019 みどころ


DDA東京公演2019 『What if…Just dance それでも僕はダンスを続けていく』

3T(スリー・ティー /ベトナム)が振付・演出、KATSUYA(カツヤ/日本)が振付・演出補佐をおこなった『What if…Just dance それでも僕はダンスを続けていく』は、BBOYの現状を軸に悩みや葛藤を描いた作品になっている。
DANCE DANCE ASIA2019 みどころ
DANCE DANCE ASIA2019 みどころ
DANCE DANCE ASIA2019 みどころ

そのテーマが表すように、出演者は全員BBOYで構成されており、CANCEL(キャンセル/ベトナム) 、Cheno(チノ/タイ) 、C-Lil(シーリル/ラオス) 、GEN ROC(ゲン・ロック/日本) 、Sakyo(サキョウ/日本) の国籍を超えたメンバーが、3Tの創り出す世界観をブレイキンとコンテンポラリーの要素を取り入れたダンスでリアルに表現している。
ドラマ性のある展開と終始踊り続ける運動量に感動すること間違いないだろう。
DANCE DANCE ASIA2019 みどころ


今回の公開リハーサルで行われた作品の他にも、KITE&FISHBOYのユニット・Crayzy Rollersによる『Non-fiction』、”VIBE DANCE COMPETITION XXI”で優勝したGANMIによる『GANMI GAKUEN-ガンミ学園』、18歳ながら世界で注目を集めているkEnkEnによる『free-style』の3作品も上演される。

ダンスでアジアを世界を繋ぐダンスストーリーを、ぜひ体感しに来てほしい。


【公開リハーサル 作品概要】

《Inception―夢のまた夢のまた夢のまた夢…》
振付・演出:Nikii(ニッキー/タイ)
振付・演出補佐:スズキ拓朗(スズキ タクロウ/日本)
出演:GAMEZ(ゲームズ/タイ) ヒップホップ、ブレイク
KEIN(ケイン/日本) ハウス
MC Buck(エムシー・バック/ベトナム) オールスタイルズ
Topiek SmallBlack(トピエック・スモールブラック/ラオス)ヒップホップ
VI VIEN(ヴィ・ヴィエン/マレーシア) ポップ
Wadafu*k(ワダファック/タイ) ヒューマンビートボックス

《What if…Just dance それでも僕はダンスを続けていく》
振付・演出:3T(スリー・ティー /ベトナム)
振付・演出補佐:KATSUYA(カツヤ/日本)
音楽:SNG(シンゴ/日本)from GROOVIN/SLASH 他
出演:
CANCEL(キャンセル/ベトナム) ブレイク
Cheno(チノ/タイ) ブレイク
C-Lil(シーリル/ラオス) ブレイク
GEN ROC(ゲン・ロック/日本) ブレイク
Sakyo(サキョウ/日本) ブレイク

【DANCE DANCE ASIA–Crossing the Movements 東京公演 2019 概要】
公演日程:2019年7月12日(金)~7月14日(日)

・7月12日(金) 19:00~
3T/Nikii/Crazy Rollers

・7月13日(土) 13:00~
3T/GANMI/kEnkEn
・7月13日(土) 18:00~
Nikii/kEnkEn/Crazy Rollers

・7月14日(日) 13:00~
3T/Nikii/GANMI

作品:
・What if…Just dance それでも僕はダンスを続けていく
振付・演出:3T(スリー・ティー /ベトナム)
振付・演出補佐:KATSUYA(カツヤ/日本)

・Inception―夢のまた夢のまた夢のまた夢…
振付・演出:Nikii(ニッキー/タイ)
振付・演出補佐:スズキ拓朗(スズキ タクロウ/日本)

・Non-fiction―ノン・フィクション
振付・演出:Crazy Rollers (クレイジーローラーズ/日本)

・GANMI GAKUEN―ガンミ学園
振付・演出:GANMI(ガンミ/日本)

・free-style(フリースタイル)
振付・演出:kEnkEn (ケンケン/日本)

チケット:
一般 3,500 円(全席指定・税込)
学生 2,500 円(全席指定・税込)[!]大学院生・大学生・専門学校生・中高生の方対象。当日入場時に学生証をご提示ください。
障がい者手帳割引 2,000 円(全席指定・税込) [!]当日入場時に障がい者手帳をご提示ください。
※ご同伴のお子さま割引販売(子ども券 2,000 円/3 歳以上小学生まで)
※年齢制限:7月12日(金)…3歳未満入場不可
7月13日(土)・14日(日)計3公演…3歳未満入場可
(膝上鑑賞無料、但し座席が必要な場合は子ども券をご購入ください。)

※営利目的の転売禁止。
※車イスでご来場予定のお客様は、ご購入席番を公演前日までにサンライズプロモーション東京宛にご連絡ください。
【チケット発売】2019 年 5 月 19 日(日)より発売中
【チケット前売り】
PARCO STAGE スマホアプリ「パルステ!」 パルステ で検索!
チケットぴあ 0570-02-9999 (P コード:493-950)

http://w.pia.jp/t/dda2019/ (パソコン・携帯) セブン-イレブン、チケットぴあ店舗
ローソンチケット 0570-084-003 (L コード:33285) 0570-000-407(オペレーター対応/10:00~20:00)
https://l-tike.com/dda2019/ (パソコン・携帯) ローソン、ミニストップ店内 Loppi
e+(イープラス) https://eplus.jp/dda2019/ (パソコン・携帯) ファミリーマート店内 Fami ポート
東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296(10:00~19:00 ※休館日除く)※窓口販売あり

http://www.geigeki.jp/t/

※0570 で始まる電話番号は、一部の携帯電話・PHS からはご利用になれません。
※音声自動応答での受付番号はダイヤル回線からのご利用はできません。プッシュ回線またはトーン信号の出る電話機からおかけください。

【お問い合わせ】 サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10:00~18:00)

公式HP:http://dancedanceasia.com/