超音楽祭皆勤賞のアップアップガールズ(仮)! ライブで見せた仕事量がハンパない

アプガ 超音楽祭2018

超音楽祭皆勤賞! アプガの仕事できる感がスゴイ!

快晴でスタートしたゴールデンウィークを飾る4月28日、29日。幕張メッセで「ニコニコ超会議2018」が開催!。来場者数が、過去7年間の最高動員数を更新する16万人超えとなり、大きな盛り上がりを見せた。
ニコニコ動画に関連したコンテンツや協力企業のブースが多数用意されるなか、ユースタでは”超音楽祭2018“に注目!

超音楽祭ならではのアーティストラインナップが話題を呼んでいた本音楽フェスからピックアップしたアーティストのライブレポートを掲載。
第1弾は、アップアップガールズ(仮)(以下 アプガ)のライブの模様をレポート!

超音楽祭皆勤賞となるアプガ
昨年、長い間共に歩んできた仲間である仙石みなみ佐藤綾乃が卒業し、5人での出演となった今年の超音楽祭。
5人体制のアプガが見せたライブパフォーマンスとは?


たった3曲で会場をアプガ色に染める手早いライブワーク!

アプガ最年少の新井愛瞳「声を出して行きましょう!」の掛け声と共にアプガの5人がステージに登場!
アプガのライブ恒例のメンバー紹介をするオープニング曲で、軽い自己紹介を済ませながら会場を煽っていく。もうここまでの流れは、メンバーの数が7人から5人になろうがパワーと勢いは変わらない。
ライブで育ってきたアプガにとって、ライブの掴みとなるスタートダッシュをキメることはたやすいことなのだ!

そんな、アプガが最初に披露したのは『アッパーカット!』。アプガの代表曲であり、ライブで盛り上がる鉄板曲だ。まさかの1曲目の披露に、コメント欄には「もう、アッパーカット!やるのか」という驚きのコメントが。

ライブ初っ端からテンション爆上げで行くことをセットリストでお知らせしたアプガは「アプガは超音楽祭皆勤賞です! 一緒に盛り上がってください!」と観客を煽ると、激しいダンスと熱いボーカルで会場も盛り上げる。ワンコーラスが終わる頃には、様子見をしていた観客も一緒にこぶしをあげてアプガの盛り上がりに体を委ねていた。

2番では、メンバーが休憩をしながら歌うというパフォーマンスがあるのだが、この日は気合の現れかいつも以上に全力で休憩するアプガのメンバー。特に森咲樹古川小夏は気持ちいくらいハッチャケをやり切ってくれるので非常に爽快だ。
皆勤賞とはいえ、他のアーティストも出演する音楽フェスで、自分たちのパフォーマンスを躊躇することなく、むしろ遊び心を出せるのはさすが鍛え抜かれたライブアイドルと思わせるシーンだった。
アップアップガールズ (仮) 超音楽祭
「会場の方も自宅警備員の方も一緒に手をあげてください!」と、ネットやアイドルの用語を織り交ぜながら、煽りの手を緩めないアプガ。勝負曲の『アッパーカット!』で会場の空気感を一気に自分たちの味方につける。
アップアップガールズ (仮) 超音楽祭
アップアップガールズ (仮) 超音楽祭

森咲樹が「もっと楽しんでいこうよー!」と会場を煽り、ライブは2曲目の『上々ド根性』へ。

この曲は、昨年11月末にリリースされた新曲なので、初めて聴く観客も多い中どのような反応が返ってくるのか未知数であったが、終わってみれば大好評。
馴染みやすい日本語の歌詞に、こぶしとメジャー調を織り交ぜた盛り上がる楽曲。四股を踏むような個性的な振付に、メンバー全員に見せ場があるパフォーマンスは、初見の心をも掴む盛り上がり曲として認定されていた。
アップアップガールズ (仮) 超音楽祭

その中でも注目したいのが新井愛瞳の歌唱力だ。
5人体制になってからアプガのセンターにいることが多い彼女。アプガのボーカルは、佐保明梨関根梓の2人が支えている部分が大きいが、この日の新井のボーカルは、コメント欄でも「愛瞳、歌うまくなったなー」「青の子歌上手いね」といったファンと初見から歌唱力を褒めれられるというシーンもあった。
アップアップガールズ (仮) 超音楽祭
ハロプロエッグから数えれば、アイドルキャリアが非常に長いアプガ。そんな熟練アイドルが今尚パフォーマンスに成長を見せている姿は、期待感を持たせるし、応援したくなる要素ではないだろうか。

ただの最新曲披露に留まらず、ライブを盛り上げ、リスナーを楽しませるという結果を残す。さすが、皆勤賞の肩書きは伊達じゃない。

そして、早くもライブは最後の曲へ。
ジャンプで盛り上がるこれまたライブの鉄板曲『ジャンパー!』でラストスパートをかける!

ここまで、ペンライトを振ったり、こぶしをあげてといった応援スタイルで応戦していたファンも、アプガのライブで蓄えられた体の高揚を解放するかのようにジャンプで応戦。
明らかに、ライブ冒頭よりもペンライトや盛り上がっている観客の数が増えていたのだが、それはアプガの熱いライブパフォーマンスが観客の心を動かしたということだろう。
終盤のメンバー全員でジャンプする場面では、全員足の角度や形を被らないように飛んでいる姿もさすがの一言だった。
アップアップガールズ(仮) 超音楽祭2018
さらに印象的だったのは、動画のコメント欄だ。ファンと初見のリスナーが入り混じるなか、アプガに興味を持った初見リスナーの質問コメントに、ファンが丁寧に回答コメントを送るというシーンが。どうやらアプガはメンバーだけでなく、専属の自宅警備員も仕事ができるらしい。

現場とネットの繋がりを生かした音楽フェスである超音楽祭ならではの理想的なライブをアプガは見せてくれた。
アップアップガールズ(仮) 超音楽祭2018


これが超音楽祭皆勤賞の仕事! アプガの仕事ぶりがすごい

すべてのライブパフォーマンスが終わり、興奮冷めやらぬなか、5月3日にアプガ7周年を記念したライブツアーを行うことを告知。ステージから捌ける間際に「次はボイメンさんです!」と、前半のトリを飾るBOYS AND MENの紹介も忘れずに行うという仕事ぶりを披露。

その後、MCとのやり取りでは、いつもの破天荒経歴を紹介する自己紹介をしながら、皆勤賞の喜びや観客・リスナーへの感謝を口にするアプガ。
ここで、関根梓の一言で面白い展開が生まれる。

関根「初見のみなさんにいつも28歳〜32歳くらいって言われるんですけど、私は21歳です!」

と、大勢が見ている場で自身に向けられている年齢の誤解を解こうとしたのだが、逆にコメント欄には「子持ち?」といった、関根の年齢をイジるコメント欄が送られてしまう。
実年齢を提示するはずが、大勢の場で人妻キャラに認定されてしまうという、なんともアプガらしいなんでもありな展開になり、会場とコメント欄を巻き込んだ笑いを生み出していた。
そして、この展開が後に別のブースにゲスト出演する際に、爆笑展開を生み出すことになろうとは・・・。
この時誰も予想していなかったのだった。

さらに、ニコニコ超会議のブースを回ったか聞かれると「飲めるハンバーグを食べました」と答え、去年はファイスペイントやコスプレにも挑戦したと明かしたアプガ。これにはMCにも「ニコニコ超会議楽しんでるねー」と賞賛され、ニコニコ超会議に長年参加しているアイドルとしての一面も見せた。

アプガは、ライブで会場を盛り上げ、次のアーティストに繋げる意識で案内をしたり、動画のコメント欄とも面白い絡みを見せ、ニコニコ超会議のコンテンツ紹介もきっちりやる。
これ以上、ニコニコ超会議において仕事のできるアイドルがいるだろうか。
超音楽祭皆勤賞の実力は伊達じゃない! 改めてアプガのプロフェッショナルさを感じられるライブであった!


《アップアップガールズ(仮) セットリスト》
1.アッパーカット!
2.上々ド根性
3.ジャンパー!

《INFOMATION》
アップアップガールズ(仮)7周年~Still Goes On!!~ DAY / NIGHT

■2018年5月3日(木・祝) 新宿ReNY
【DAY】開場13:30 / 開演14:00
【NIGHT】開場18:00 / 開演18:30

■2018年5月20日(日)立川BABEL(東京)
【DAY】開場13:30 / 開演14:00
【NIGHT】開場17:30 / 開演18:00

■2018年6月2日(土)F.A.D YOKOHAMA(神奈川)
【DAY】開場13:30 / 開演14:00
【NIGHT】開場17:30 / 開演18:00

■2018年6月9日(土)札幌KRAPS HALL(北海道)
【DAY】開場14:30 / 開演15:00
【NIGHT】開場18:30 / 開演19:00

■2018年6月23日(土)柏PALOOZA(千葉)
【DAY】開場14:00 / 開演14:30
【NIGHT】開演18:00 / 開演18:30

■2018年6月30日(土)大阪MUSE(大阪)
【DAY】開場14:00 / 開演14:30
【NIGHT】開場18:00 / 開演18:30

■2018年7月1日(日)名古屋SPADEBOX(愛知)
【DAY】開場13:00 / 開演13:30
【NIGHT】開場17:00 / 開演17:30

詳細はこちら

・6月にアルバムリリース予定

《Web & SNS》
アップアップガールズ(仮)公式サイト:http://www.upupgirlskakkokari.com/

アップアップガールズ(仮)公式YouTubeはこちら

アップアップガールズ(仮)公式Twitter:https://twitter.com/uugirlsofficial

アップアップガールズ(仮)公式ブログ:http://ameblo.jp/juicejuice-official/