BOYS AND MEN(ボイメン) 超音楽祭でシンカリオンとコラボ

ボイメン 超音楽祭 シンカリオン

BOYS AND MEN(ボイメン)が、超音楽祭で見せた男のエンターテイメントとは!?

快晴でスタートしたゴールデンウィークを飾る4月28日、29日。幕張メッセで「ニコニコ超会議2018」が開催!。来場者数が、過去7年間の最高動員数を更新する16万人超えとなり、大きな盛り上がりを見せた。
ニコニコ動画に関連したコンテンツや協力企業のブースが多数用意されるなか、ユースタでは”超音楽祭2018“に注目!

ニコニコ超音楽祭ならではのアーティストラインナップが話題を呼んでいた音楽フェスからピックアップしたアーティストのライブレポートを掲載。
第2弾は、BOYS AND MEN(以下 ボイメン)のライブの模様をレポート!

東海地方を盛り上げるエンターテイメント集団として活動するボイメン。
ボイメンの初見が多い超音楽祭で、彼らは爪痕を残すことができたのか? そして、最後に用意されていたスペシャルコラボとは!?


ボイメンの男らしい骨太なライブパフォーマンスで盛り上がる

カラフルなペンライトを振りながら、ボイメンの登場を待つ観客たち。
ここ数年爆発的な人気を手にしているボイメンであるが、超音楽祭では初見の観客も多い。その中で先陣を切って披露されたのは、水野勝の男らしいセリフから始める『男は歌舞いて花となれ』。歌舞伎をイメージさせる和サウンドに、学ラン姿のボイメンが銀の扇子を片手に華麗に歌い踊る。まさにタイトル通りのパフォーマンスを披露した。

10人という大所帯でありながら、ボーカルのユニゾンも揃っていて、構成が巡る巡る変わる振付も非常にエンタメ性の高さを感じさせる。なるほど、ボイメンが”アイドル”ではなく”エンターテイメント集団”と言われる理由がすぐにわかった。

楽曲の中で歌を歌う、振付を踊るというよりは、ミュージカルのようなショーを見せるという感覚なのだ。
コメント欄に「ボイメン最強!ボイメン最強!ボイメン最強!」という応援コメントが流れていたが、その最強さを観客たちはこのライブで味わうことになる。
ボイメン 超音楽祭
ボイメン 超音楽祭

ボイメンの元気担当である辻本達規が「ニコニコ超会議に俺らの生き様を切り刻んでやるぜ〜」と絶叫すると、曲は『YAMATO☆Dancing』へ。
これまた男らしい骨太なパフォーマンスを見せるボイメン。80年代を思わせる曲調を今風にアレンジしているところが、大和魂を大切にしつつも現代のアーティストというボイメンの魅力をよく表している。

ダンスもストップがちゃんとしているので、プロっぽく仕上がっているし、イケメンという属性だけで売れている訳ではないのがパフォーマンスから伝わった。
ボイメン 超音楽祭
ボイメン 超音楽祭
ボイメン 超音楽祭
2曲披露し終えたあとはMCへ。
「盛り上がってますかー」と会場を煽ると同時に「メンズももっと声をくれーーー!」と、自分たちを知らない観客も盛り上げたいという思いで会場に声をかけるボイメン。
最初はボイメンファンの黄色い声援が目立っていたが、彼らの熱い想いが通じ始めたのか、男性客の声も強くなってくる。

これはいけると確信したボイメンは、次の曲で使う煽りを観客にレクチャー。
そのままライブは『帆を上げろ!』へ

しょっぱなからレクチャーした煽りの「アイアイサー」が会場に響き渡り、一体化する超音楽祭。
コメント欄でも、「アイアイサー」のコメントが多数流れ、ニコニコ超会議らしいネットを介した一体感を生んでいた。

モップを使ったパフォーマンスや組体操。熱いセリフに会場の「アイアイサー」で、この日のボイメンライブ一番の盛り上がりが生まれる。
こういったコミカルで独自のコンセプトをクオリティ高く魅せるエンターテイメント。それがボイメンの魅力のひとつなのだろう。この時には初見だった観客や視聴者もボイメンの魅力に心を動かされたように思う。

会場の盛り上がりがそれを証明していた。
ボイメン 超音楽祭
ボイメン 超音楽祭

間髪いれずに『まえのめりMinority』を披露。
立て続けに披露されるキャッチーな盛り上がる曲で、観客のボルテージもいい感じに高まってくる。この時には男の声援も大きくなり、男女比平等の歓声を引き出していた。
ボイメン 超音楽祭
ボイメン 超音楽祭
2回目のMCに入り、ライブで盛り上がってくれたことに感謝の言葉を送ると、話はテレビアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』主題歌に起用された話題の新曲『進化理論』の話へ。
リリースが近いこともあり、披露されることを楽しみにしていたファンも多かったと思うが、ボイメンはその期待をさらに超えるパフォーマンスを用意。

「超がつくステージにしたい!」

その言葉に合わせて、スペシャルゲストにシンカリオンを召喚。ここに、シンカリオンとボイメンのスペシャルコラボが誕生! サブカルやオタクを愛する人々が集まるニコニコ超会議だけに、ボイメンとシンカリオンが並んだ瞬間、会場とコメント欄のボルテージは最高潮に達した!
ボイメン 超音楽祭

戦闘用の装甲を身にまとったシンカリオンは、予想以上にボイメンのパフォーマンスに積極的に参加。移動や構成の変化が激しいボイメンのパフォーマンスに、必死に食らいついていくシンカリオンの姿にコメント欄では「頑張れ!」といったエールが送られていた。

ボイメン 超音楽祭
ボイメン 超音楽祭
ボイメン 超音楽祭
ボイメン 超音楽祭

そして、何よりも驚いたのはボイメンと『進化理論』の相性の良さだ。
数人で歌うユニゾン、多彩な構成、電車を連想させる振付といったボイメンらしさに加えて、アニソンや特撮っぽい楽曲にちゃんとなっているのがボイメンの新たなスキルを見出していたように思える。
今後普通に、アニソン主題歌を担当してもおかしくないくらい、アニソン独特のサウンド感とマッチしたパフォーマンスを見せてくれた。


BOYS AND MEN / 進化理論

来年の1月14日には念願のナゴヤドームでの単独ライブが決定しているボイメン。
近年、オリコンウィークーリー1位やメディア露出も増え絶好調の彼ら。これはファンと共に歩んできた結果であるが、今回の超音楽祭では、既存のファンだけでなく、初見の観客をもボイメンワールドに引き込むほどの力を見せていた。

努力と地道な活動が身を結んで今がある”BOYS AND MEN”。
今後の躍進が楽しみなグループだ。

 

取材・執筆:NOZATATSU


《BOYS AND MEN セットリスト》
1.男は歌舞いて花となれ
2.YAMATO☆Dancing
3.帆を上げろ!
4.まえのめりMinority
5.進化理論

《INFOMATION》
シングル「進化理論」
5月9日(水)リリース

【早期購入特典あり】進化理論(通常盤)【特典:オリジナルポスター(A2サイズ)付】


【早期購入特典あり】進化理論(初回限定盤A)(DVD付)【特典:オリジナルポスター(A2サイズ)付】


【早期購入特典あり】進化理論(初回限定盤B)(フォトブックレット付)【特典:オリジナルポスター(A2サイズ)付】

《Web & SNS》
公式サイト:https://boysandmen.jp/
Twitter:https://twitter.com/boysandmeninfo
Instagram:https://www.instagram.com/boysandmen_official/
ブログ:https://ameblo.jp/boysandmen