Beat Buddy Boiライブレポート! 次は全国ツアーへ

BBBが音楽性を本格的に打ち出す

MCの最中に「時間が止まればいいのになぁ」の一言で、SHINSUKE以外のメンバーが急に動きを止める。そう、お待ちかねのSHINSUKEタイムの突入だ。様子を見に来たToyotakaのBEATBOXの力を借りて、BBBメンバーの止まった時を二人で動かしていく。笑いどころの場面なのだが、これが非常にパフォーマンスのクオリティが高く、海外のショーを見ているかのよう。
MPCを持ったRYOが登場し、LINEの着信音で遊び始める。いつしかLINEの着信音はリズミカルな音源に変化し、合わせて踊り出すSHINSUKERYOのMPCはいつの間にかダンスミュージックを完成させた。
SHINSUKE

BEATBOX、MPCが揃ったところで、もう一人呼びたいのがこのメンバー。ラッパー・SHUNだ。ステージでは、3人による音楽セッションが行なわれ、ダンスとは違う盛り上がりを生み出す。筆者はここにBBBの新しい姿を見た。ダンスチームの頃から、自分たちで音を作ることをテーマにしてきたBBB。その形が具体的に完成したのだ。BBBの音楽チームといえば分かりやすいだろうか。BBBは全員、音楽の心得や知識を持っているが、RYOToyotakaがダンスソロをせず、音楽セッションに自分の枠を使ったことが、今後の新しいBBBを生みだすのではないか? そんな期待を持たせてくれた。
Beat Buddy Boi NAKAMA PROJECT2 FINAL LIVE
Toyotaka

ライブも終盤戦。ギターサウンドが体を揺さぶる『ROCK THE HOUSE』で、ラストスパートをかける。クラップにタオル回しなど会場のボルテージはMAXに!
Beat Buddy Boi NAKAMA PROJECT2 FINAL LIVE
BBBがステージからはけても、熱気冷めやまない中、スクリーンにNAKAMA PROJECT2のドキュメント映像が流れる。学生ダンス部のWSやショーケース、仲間との日々が思い出される中、ついにNAKAMAカードが目標の1万枚を突破! この瞬間、BBBの全国ツアー開催が決定! 歓喜に溢れるBBBと仲間たちの姿から、ラストの曲『キセキ~ウェディングVer.~』へ。
Beat Buddy Boi

gash!

SHUN

MVと同じ黒いスーツ姿を見たファンは「カッコいい」と思わずため息。完全に目はハートだ。男女の恋愛を歌った曲であるが、BBBにとってこの曲は「仲間に会えた奇跡、仲間と会うまでに歩んできた軌跡」という意味も持っている。特にこの日は歌もダンスも気持ちが入っていて、観客もBBBが届ける”キセキ”を噛みしめていた。


出典:YouTube


仲間との絆が生んだアンコール

ライブ本編が終わり、会場からはアンコールとして「BBB」コールが起こる。しばらくすると、誰が照らし合わせた訳でもなく「NAKAMA」コールも一緒に交じり合う意外な光景に。これは、BBBが全国を回り、現地でプロモーションや仲間とコミュニケーションをとってきたことに対して、仲間からBBBへのお礼なのかもしれない。確実に昨年よりもBBBと仲間の絆は深くなってると感じさせた。

Beat Buddy Boi

NAKAMA PROJECT2のTシャツを着て登場したBBB。言葉に出してなかったが、仲間がくれた「NAKAMA」コールが嬉しかったのか、笑顔が自然とこぼれ落ちる。アンコールは盛り上がって終わりにしたい! そんな気持ちが伝わる『Traveling』で、会場をトラベルダンス一色にして盛り上がりを共有していく。

SHUNが「5月27日でBBBも2周年! 一緒にお祝いしてほしい」と観客に投げかけ『It’s My Birthday』を披露。「モリアガロー」のフレーズが耳に残る曲だが、ここでSHUNが観客に対して、高速モリアガローを要求。これがうまくいかないとRYOが曲をかけてくれないという新しい遊びで、会場を一体化させた。見るたびにステージングがうまくなっている。ここまでくるとすごいというより感動だ。

MCで全国ツアー決定の感想を話した後、最後の曲『come again』ですべてを出し切る。BBBがクラップやジャンプをすれば、観客もクラップとジャンプで応える。その姿は今まで見た『come again』の中で、1番楽しくてカッコいいものであった。

Beat Buddy Boi Text_by NOZATATSU(https://twitter.com/nozatatsu)

こうして幕を閉じた「NAKAMA PROJECT2 FINAL LIVE」。見るたびアーティストとして進化しているBBB。ライブ取材をして感じたのは、BBBが今まで積み重ねてきたものや、やってきたことがようやく実を結び形になったということだ。
ダンスはBBBイズムを持ちながら、それぞれのフィールドを感じるパフォーマンスが目に見えて分かるし、ToyotakaのBEATBOXとRYOのMPCもクオリティがかなり上がり、SHUNと共にクリエイティブな音楽性を発信できるようになった。

ライブ終了後にエンディングで『仲間』のMVが流れたのだが、観客がその場を離れずに、MVにコールを入れている姿が目に入る。これはBBBのライブをもっと見たい、まだ終わってほしくないという気持ちの表れだったのではないだろうか。それだけ、今日のBBBライブは素晴らしかった!
常に最高を塗り替えるBBB。次は全国ツアーでこの日のライブを超える最高を見せてくれるだろう。


出典:YouTube

 

Text_by NOZATATSU(https://twitter.com/nozatatsu

画像提供:株式会社アノマリー


【セットリスト】
1.仲間
2.B-BOIスクランブル
3.JUMP
4.akihic☆彡→MJ Dance
5.Flavor of B~YA-YA-YA~
6.YASSソロ
7.firework
8.Flash Back Friday
9.BEAT BOX(Toyotaka) × SHIUSUKEソロ
10.SHUN × RYO × Toyotaka SESSION
11.ROCK THE HOUSE
12.キセキ~ウェディングVer.~
EN1.Traveling
EN2.It’s My Birthday
EN3.come again


Beat Buddy Boi公式サイト:http://beatbuddyboi.com/

Beat Buddy Boi公式Twitter:https://twitter.com/BeatBuddyBoi

Beat Buddy Boi公式instagram:https://www.instagram.com/beatbuddyboi/

Beat Buddy Boi公式LINE BLOG:https://lineblog.me/rainbowkings/

Beat Buddy Boi公式YouTubeチャンネルはこちら