遊び箱vol.4 全ナンバーレビュー入りライブレポート

YOUCAN(HIPHOP ver) NUMBER

遊び箱vol.4
JAZZナンバーに続いて今度はHIPHOPナンバーを披露したYOUCANナンバー。人気キャラクターのぐでたまのムービーが流れると中央の卵から黄色い卵カラーの衣装で出演者が登場。
コミカルな音にもドープさがあるHIPHOP、コミカルなHIPHOPなど、HIPHOPの様々な要素を盛りだくさんで見せてくれた。
遊び箱vol.4

遊び箱vol.4


絵里 NUMBER

遊び箱vol.4
絵里ナンバーは、majikoの『心做し』を使用したJAZZナンバーを披露。
トップサスのソロで観客の目線を奪うと、楽曲に合わせてエモいダンスを見せていく。特にこの楽曲はサビのパワーがすごいのだが、ここに標準を合わせたようなダンスの盛り上がりも見ていて心地が良い。カラフルなハンドライトを使った演出を入れるなど、JAZZナンバーに効果的な仕掛けを用意しているのも絵里の特徴だろうか。終わった後に語りたくなるナンバーだった。

遊び箱vol.4

遊び箱vol.4


タロス NUMBER

遊び箱vol.4
ハルカトミユキで踊る人という肩書きをもつタロスによるナンバーは、遊び箱でもハルカトミユキの『夜明けの月』を使用したナンバーを披露。
セリフから始まる冒頭部分ですでに、このナンバーに対するタロスの強い思いが伝わってくる。歌詞に合わせた素直な振付はすんなりと頭の中に入ってくるし、ステージ上の何箇所でストーリーが展開されているシーンは同時上映のオムニバスを見ているような感覚になる。非常に見応えがあり、いろいろ視点を変えてまたみたいと思えるナンバーだった。

遊び箱vol.4

遊び箱vol.4


渡辺謙典 NUMBER

遊び箱vol.4
無音のアクティングからスタートした渡辺謙典ナンバー。
無音アクティングの後は、壮大でエナジーを感じるダンスで圧巻のパフォーマンスを見せる。もはや自然の力を感じるくらいだ。
シアター、JAZZ、コンテンポラリーをバランスよく組み合わされていたナンバーだった。

遊び箱vol.4

遊び箱vol.4


manatie NUMBER

遊び箱vol.4
オシャレなJAZZナンバーを見せてくれたmanatieナンバー。
不思議な演出からスタートし、目を引くシーンが随所に散りばめられていたのが印象的。特に照明の使い方がうまいと思わせる構成が多数あった。
振付もフロアを多用したものが多く、派手さもあって見応えがある。振付難度が非常に高く、一瞬の気の緩みも許されないアクティングがステージ上で繰り広げられていた。

遊び箱vol.4

遊び箱vol.4


ゲストダンサー パイレーツオブマチョビアン

遊び箱vol.4
今回の遊び箱のゲストダンサーは、オールパイレーツオブマチョビアンでキャスティング。
全3公演を違うネタで会場を沸かせた。安定のJ-POPからの裸パフォーマンスで盛り上げてくれたのだが、ここまでパイレーツオブマチョビアンを濃厚に使うイベントもレアなのではないだろうか。
ダンサーの奥深さを知るには何度も見た方がいいというのを教えてくれるようなパフォーマンスであった。

遊び箱vol.4


蒼静香 NUMBER

遊び箱vol.4
いつも現実離れした世界観を見せてくれる蒼静香ナンバー。
今作は木の精霊を感じさせる世界観で、神々しいダンスナンバーで神秘感を出していた。
衣装も作品の世界観をより引き出していて、出演者の踊りも相まって別空間にいるような感覚になるナンバーだった。

遊び箱vol.4

遊び箱vol.4


GAMI NUMBER

遊び箱vol.4
back numberの『瞬き』を使用し、映画のワンシーンを見ているような作品を見せたGAMIナンバー。
傘をキーアイテムにしたナンバーは、傘を使った連携や構成が素晴らしい。星空をイメージした星球の演出も非常にロマンチックで、加えて出演者のダンスと表現力でダンスを映画のワンシーンレベルにしていると言っていいくらいクオリティが高い。作り込みを感じるナンバーだった。
遊び箱vol.4

遊び箱vol.4


松GORI NUMBER

遊び箱vol.4
目を引く演出や世界観を見せる松GORIナンバー。
しがらみを意識したような紐を使った演出は、ダンスだけでなく、どのように動いて形を作っていくのかという部分で、非常に高難度なことに挑戦していたように思う。出演者の大人の女性感も相まって作品の世界観がよく出ていた。振付だけでなく演出もやっている松GORIのこだわりが感じられるナンバーだった。

遊び箱vol.4

遊び箱vol.4


yukey(ゆきテーマーパーク) NUMBER

遊び箱vol.4
遊び箱 vol.4の大トリを飾るのは、毎回壮大なシアターナンバーを見せてくれるyukey(ゆきテーマーパーク)ナンバー。
今回の遊び箱のテーマに合わせたのか、マーメイドラグーンの『キングトリトン』を使用した海をイメージしたナンバーを披露。
のっけから海の生物の浮き輪を使ったり、演者がめまぐるしく構成を変えて踊り、客席まで飛び出して観客をもてなす。まるでテーマパークに来ているような圧巻のパフォーマンスで会場から大歓声を巻き起こしていた。

遊び箱vol.4

遊び箱vol.4


遊び箱vol.4 ライブレポート

最後はカルマライン柳原 聖の「今宵は宴じゃー!」の言葉でフィナーレ。
こうして最高のダンスナンバー、ゲストダンサー、コレオグラファーの素が見える対決で大盛り上がりを見せた”遊び箱 vol4″は、大盛況のうちに幕を閉じた。

 

Text&EDIT:NOZATATSU
Photography:るふぃ


《遊び箱 Vol.4 セットリスト》
1部
1、オープニング
2、USUSHI NUMBER
3、たむ NUMBER
4、入江規子 NUMBER
5、yu-zoo NUMBER
6、ゆい NUMBER
7、YOUCAN(JAZZ Ver) NUMBER
8、VERSUS
9、OKATAKU NUMBER
10、MIKA NUMBER
11、タニグチエリカ NUMBER
12、avecoo NUMBER

2部
1、YOUCAN(HIPHOP ver) NUMBER
2、絵里 NUMBER
3、タロス NUMBER
4、渡辺謙典 NUMBER
5、manatie NUMBER
6、パイレーツオブマチョビアン
7、VERSUS
8、蒼静香 NUMBER
9、GAMI NUMBER
10、松GORI NUMBER
11、yukey(ゆきテーマパーク) NUMBER
12、フィナーレ

《イベント情報》
“遊び箱 Vol.5 開催決定!”
日程:2019年3月9日10日(3公演)
会場:浅草公会堂

“YOU(遊) vol.20 開催決定!”
日程:2019年8月11日
会場:川崎クラブチッタ

“遊び箱 Vol.6 開催決定!”
日程:2019年9月14日15日(3公演)
会場:めぐろパーシモンホール

《Web & SNS》
株式会社 遊 公式サイト:http://you5.co.jp/
株式会社 遊 Twiiter:https://twitter.com/YOU_PROJECT_Inc
株式会社 遊 Instagram:https://www.instagram.com/you.inc.you/
株式会社 遊 LINE@:@you5