遊び箱vol.4 全ナンバーレビュー入りライブレポート

遊び箱vol.4 ライブレポート

過去最高動員! 宝箱をめぐって繰り広げられるダンスナンバーイベント”遊び箱 vol.4″

株式会社 遊が主催する発表会型ダンスイベント”遊び箱 vol.4~宝箱をゲットせよ~”が、9月22日(土)、23日(日)に浅草公会堂で開催された。
コレオグラファー(振付師)をゲスト・ピック・チャレンジの3つに分けて、他の発表会にはないような演出で楽しんでもらう本イベント。
今回は”宝箱をGETせよ”のサブテーマ通り、宝箱に関連した演出とコンテンツを用意。さらに、お宝といえば海賊ということで、進行も海賊のトレジャーハンティングという世界観で繰り広げられた。

心を揺さぶるダンスナンバーはもちろんのこと、コレオグラファーの対決からお客様参加型のプレゼント企画まで、遊び箱らしいエンタメと遊び心満載だった”遊び箱 vol.4″。動員数も過去最多となり、盛り上がりを見せている注目のイベントをレポート!

全ナンバーのレビュー入りでお届けしよう。

最初から最後まですべてが見逃せない”遊び箱 vol.4″速報レポート


遊び箱 Vol.4のテーマは”宝箱をGETせよ”

毎回、エンタメ色の強い遊び箱。今回は宝箱をめぐる内容で公演が作られており、冒険、海賊、お宝というワードイメージで世界観を展開。
前説に芸人のカルマライン柳原聖を海賊役に起用してアドベンチャー感を出し、コレオグラファーを船長に例えて対決企画に参加させるなど、世界観を大切にした公演になっていた。

さらに、面白い企画としてプレゼント企画を実践。
公演内容からクイズが出題され、成績上位者には豪華プレゼントがもらえるという本企画。各コレオグラファーやゲストダンサー、そして主催が用意したプレゼントを宝箱になぞらえることで来場者にも宝探し感を提供していた。
遊び箱vol.4


出演者・ゲストダンサー・コレオグラファーによる総力戦のオープニング

ステージが暗転するといよいよ遊び箱の幕が上がる。ステージと客席から各ナンバーでピックアップされた出演者たちが現れ、海賊旗をイメージさせるフラッグを持って踊る。
遊び箱vol.4
続いて登場したのはゲストダンサーのパイレーツオブマチョビアン
パイレーツオブカリビアンのテーマ曲で盛大に現れると、華麗なる肉体とポージングで観客の歓声を集めた。

遊び箱vol.4
最後に登場したのはコレオグラファーたち。
ジャズ系のコレオグラファーが多いため、劇場感やストーリー性を感じるダンスパフォーマンスで会場を盛り上げる。最後はピックアップダンサーとコレオグラファーが合流し、大所帯のパフォーマンスを披露。
宝箱をめぐるストーリーを感じさせるオープニングパフォーマンスで、ワクワクさせるようなスタートを飾った!

遊び箱vol.4


USUSHI NUMBER

遊び箱vol.4
トップバッターを飾るのはUSUSHIナンバー。キャッツアイの楽曲を使い、振付もキャッツアイをイメージさせるダンスで観客の目を釘付けに。続けてふたりはプリキュアの楽曲になるとピンク色の衣装にチェンジしてアイドルライブのようなダンスを見せる。
プリキュアの曲は場の空気を支配する破壊力があるが、曲に負けずにちゃんとコレオ作品になっていたのは、出演者のダンス力とリボンを使ったりなどの仕掛けによる演出力もあったのではないだろうか。大きな歓声が巻き起こっていた。

遊び箱vol.4

遊び箱vol.4


たむ NUMBER

遊び箱vol.4

たむナンバーはのっけから惹きつけられる演出で一気に会場の空気感を変える。少数精鋭でコンテンポラリーの要素とJAZZの要素を組み合わせて見せるダンスは、何かメッセージを訴えかけるようなオーラが見えていたのが印象的。
スロモーションになる動きや、照明を生かした踊りなど、ダンスを堪能できるナンバーだった。

遊び箱vol.4

遊び箱vol.4


入江規子 NUMBER

遊び箱vol.4

入江規子ナンバーは山崎まさよしの『僕はここにいる』を使ったJAZZナンバーを披露。鏡合わせのように踊るダンスなどみどころもあり、苦しみにもがく楽曲の世界観がダンスで伝わってくる。非常にわかりやすくストレートに音楽とダンスが体に入ってくるナンバーだった。

遊び箱vol.4

遊び箱vol.4


yu-zoo NUMBER

遊び箱vol.4

続くyu-zooナンバーは、近藤晃央の『涙腺』をJAZZナンバーで披露。
こちらも楽曲の世界観をエモくダンスで表現しており、すごく綺麗に作られたナンバーだった。公演数を重ねるたびに出演者のダンスに気持ちが入っていくのも印象的。

遊び箱vol.4

遊び箱vol.4


ゆい NUMBER

遊び箱vol.4

ゆいナンバーは阿部真央の『未だ』をJAZZナンバーで披露。今回は邦楽を使用するJAZZナンバーが多いこともあり、観客も感情移入しやすかったのではないだろうか。
ここまでは落ち着いたサウンドのバラード系が続いたが、ここでロックサウンドが入ることで緩急もあり惹きつけられる。
ダンスの構成も3列で見せるカノンなどがあり、見応えのあるナンバーだった。

遊び箱vol.4

遊び箱vol.4


YOUCAN(JAZZ ver) NUMBER

遊び箱vol.4

邦楽を使用したJAZZナンバーメドレーのラストを飾るのは、米津玄師の『Lemon』を使用したYOUCAN(JAZZ ver)ナンバー。YOUCANのイメージカラーであるイエロー、レモンの黄色に合わせて黄色い衣装を着ていたところに彼の遊び心を感じてしまう。衣装を使った見せ方やダンスの構成、ダンサーの表情、紙吹雪を使った演出など、終始見飽きないように作られているナンバーだった。

遊び箱vol.4

遊び箱vol.4


VERSUS

今回の遊び箱はナンバーの間にコレオグラファーとゲストダンサーによる対決企画が行われた。
テレビでよく見る対決ゲームを行い、勝者には景品の入った宝箱、敗者には激ニガで知られるセンブリ茶をそれぞれ贈呈されるというリアルな対決ゲーム。全3回公演の対決模様を紹介しよう。
遊び箱vol.4
初日の1回目のバトルは、Manatee VS おかたくによる”ロシアン風船対決”。
ドキドキのバトルに二人だけでなく観客も一緒になって息を飲む展開になっていたのが印象的だった。manatieが勝利。

初日 Manatee VS おかたく ロシアン風船
初日の2回目はパイレーツオブマチョビアン VS GAMIによる”ロシアンシュークリーム対決”
もっとも古典的な対決ゲームであるが、こんなに笑いが起きるのはなぜだろう。開始早々GAMIが激辛シュークリームを食べてしまい、マチョビアンが勝利。
GAMIは立て続けに激ニガセンブリ茶を飲むことになり、踏んだり蹴ったりな目にあってしまった。

遊び箱vol.4
2日目の昼公演1回目のバトルは、入江規子 対 渡辺謙典による”叩いてかぶってじゃんけんぽん”
まさかの入江規子が渡辺謙典を瞬殺してしまい、会場からエーイングを受けてしまう渡辺謙典。彼の再選要求を受けて泣きのもう一回が実現。それでも勝てず、入江規子が勝利した。

遊び箱vol.4
2日目の昼公演2回目のバトルは、パイレーツオブマチョビアン VS USUSHI VS yukey(ゆきテーマパーク)による”ゲテモノ喰い対決”
個性の強い3人による対決になったのだが、ゲテモノの存在感もすごかった。紙コップに入れられた食用の虫たちに3人と観客は大パニック。USUSHIのキャラにつられて3人ともオネエ言葉でキャーキャー言いながら虫を食べていた姿に観客は大爆笑。
ついには観客にも虫をおすそ分けする場外乱闘も発生。もはや誰が勝ったのかわからないくらいの盛り上がりを見せた。

遊び箱vol.4
2日目の夜公演1回目のバトルは、たむ VS  yu-zoo VS ゆいによる”ビリビリルーレット対決”で、女船長同士による頂上決戦が行われた。
それぞれ、「勝ちます」「がんばります」「よろしくおねがします」と可愛く意気込みを語っていたが、その裏では主催者側が「電撃の威力はMAX設定で」と恐ろしい企みをしていたことを彼女たちはまだ知らなかった。

最初はたむが電撃を受けたが、指が機械にちゃんとハマってなかったのか、はたまた彼女の電気耐性が異常に高いのか、微妙なリアクション。仕切り直して行われた2戦目でyu-zooが電撃をくらってしまい、ひっくり返って後転するほどのリアクションを見せた。そのまま敗者としてセンブリ茶を飲むことに。「普通に美味しい!」と奇想天外な感想で場内をざわつかせていた。どうやら電気耐性は弱いが、苦さ耐性は強いらしい。

遊び箱vol.2
2日目の夜公演2回目のバトルは、パイレーツオブマチョビアン VS avecooによる”箱の中身はなんだろな対決”ダンスシーンにおいて強烈な個性とキャラクターを持つ二人がついに意外な形で共演を果たした。

対決の意気込みを聞かれると

avecoo「別に」
マチョビアン「特に」

と、尖っていた頃の沢尻エリカを沸騰とさせるエッジの効いた塩対応でライバル感をむき出しに。
予想通りの騒がしさと下ネタの連発で爆笑を誘った対決は、avecooが勝利。ダンスシーンのドリームマッチは大盛り上がりで幕を閉じた。


OKATAKU NUMBER

遊び箱vol.4

ナンバーをレポに戻して、OAKATAKUナンバーがシアター系のダンスナンバーを披露。黒い衣装が本格的であり、ポージングもキレイで劇場感を感じさせる。そしてみんなスタイルがいい。主役のリップシンクのシーンも映画のワンシーンみたいでリアルさもあった。
ブルーの照明を使い、船上パーティーをイメージ。ただ海賊的なものではなくミュージカルのようなものであり、そのありそうでないマッチが面白いナンバーだった。

遊び箱vol.4

遊び箱vol.4


MIKA NUMBER

遊び箱vol.4

本公演で数少ないHIPHOP寄りのMIKAナンバー。赤い照明から始まるダンスは怪しくセクシーな感じで一気に観客の目線を奪う。そこから衣装チェンジで違う世界観に変わっていき、どんどんダンスがドープでエグくなっていくのが印象的。ユニットとソロではファンク寄りのダンスを披露し、女性の強さや感情を前面に押し出していたナンバーだった。

遊び箱vol.4

遊び箱vol.4


タニグチエリカ NUMBER

遊び箱vol.4
タニグチエリカナンバーは、安藤裕子の『忘れものの森』を使用したJAZZナンバーを披露。もちろん構成、楽曲の世界観の再現性といったコレオグラファーのセンスもすごいのだが、同時に評価したいのは出演者のレベルの高さだ。全員プロダンサーなのか?と思うほど全体のレベルが高く、思わず前のめりで見てしまうほど惹きつけられるダンスだった。
遊び箱vol.4

遊び箱vol.4


avecoo NUMBER

遊び箱vol.4
1部のトリを飾るのはavecooナンバー。どこのイベントで見ても非常に人気の高いavecooナンバーは、始まる前から会場に大歓声を巻き起こす。
赤くきらびやかなセクシー衣装にポニテールで統一したavecoo軍団たちが、Jennifer Lopezの『Booty』で踊り狂う。序盤は同じ動きを繰り返し見せることで体から出るオーラをぶつけ、中盤では椅子を使ったセクシーな振付で観客を魅了、一糸乱れぬ動きは相当の練習量を感じさせる。
高いヒールを履いて、「私が一番美しい」を意識したウォーキングを印象的だった。
遊び箱vol.4

遊び箱vol.4

次ページ:遊び箱 vol.4 2部へ