アンジュルムとアプガのツーマンライブ! 渋谷タワレコでは・・

アンジュルム アプガ ライブ 3D

アンジュルムとアップアップガールズ(仮)が念願のツーマンライブ敢行! 渋谷タワレコ店では世界初の試みを実践!

9月12日(水)、ハロプロに所属するアンジュルムとアップフロント系列のアイドル、アップアップガールズ(仮)がコラボしたステージ「NTT DOCOMO presents アンジュルムVSアップアップガールズ(仮) ~THANK YOU! DEAR MY FRIENDS~」がZepp Diver Cityにて開催された。このツーマンライブはハロプロエッグ時代より交友関係のあるアンジュルムリーダー和田彩花とアップアップガールズ(仮)佐保明梨が、対バンライブを熱望した事がきっかけとなり実現。ネット番組「アプカミ」でツーマンライブの開催が発表された。
また、この話題のアイドルツーマンライブで世界初の試みが実践。イマーシブテレプレゼンス技術「Kirari!」を活用してリアルタイムに伝送し、さらにホログラフィック映像投影技術を活用することで、サテライト会場(タワーレコード渋谷B1CUT UP STUDIO)のステージにアーティストの疑似3D映像を浮かばせるスペシャルパフォーマンスが披露された。


それぞれのグループの盛り上がりソング『次々続々』『UPPER ROCK』のマッシュアップからライブはスタート。MCではアンジュルム和田彩花が「この二組ということで、最強のライブアイドルを決めたいと思うんですよ!」と宣言。バチバチなオーラを見せつつも「リハーサルが楽しすぎた」とこのライブが終わって欲しくないというツーマンの喜びを嚙みしめてたのが印象的だった。

ライブはそれぞれのライブターンを披露する流れになり、先攻のアンジュルムは、自身のロングセラー曲『大器晩成』や『出過ぎた杭は打たれない』などロックナンバーで会場を盛り上げると『カクゴして!』を披露し、スマイレージ時代の大人気曲『私、ちょいとカワイイ裏番長』『有頂天LOVE』を10人バージョンで披露し会場は大盛り上がり。
続く、アップアップガールズ(仮)も『チョッパー☆チョッパー』『ジャンパー!』などでファンを煽り、『アッパーレ』『アッパーカット!』で会場を一体化していった。

その後は、コラボメドレーを披露し『パーリーピーポーエイリアン』『アッパーディスコ』などアップアップガールズ(仮)の曲や『ドンデンガエシ』『臥薪嘗胆』などアンジュルムの曲を披露。『夢見る15歳』では、佐保明梨、船木結、和田彩花、新井愛瞳の並びで歌唱。しゅごキャラエッグからハロプロエッグを見ていた人には、感慨深いパフォーマンスだったのではないだろうか。
本編ラストはハロコンでも盛り上がる伝説のハロプロソング『スキちゃん』を全員で熱唱。間奏ではアンジュルムとアプガ17人分のスキちゃんコールをファンがコールし、会場はこれ以上ない盛り上がりと一体感を見せ、ライブの幕を閉じた!

世界初の等身大疑似3D映像ライブビューイングはどうだった?

話しは冒頭に戻って、今回のツーマンライブではイマーシブテレプレゼンス技術「Kirari!」を活用した、世界初の等身大疑似3D映像ライブビューイングが実践。会場となるタワーレコード渋谷B1CUT UP STUDIOでは、ライブビューイングを楽しむファンと世界初の試みを取材する各メディア媒体が駆けつけ、期待と緊張感に包まれていた。

アンコールの冒頭に和田彩花と佐保明梨が登場し、ライブの感想を述べる中、次に披露される曲は世界初の等身大疑似3D映像ライブビューイングになることを説明。ステージにいる自分達はどうなっているか実感がないけれど、渋谷にパフォーマンスを届けたいと意気込む。披露されたのは、2人にとって思い出の曲である『笑顔に涙~THANK YOU! DEAR MY FRIENDS~』。

和田彩花 佐保明梨

和田彩花 佐生明梨 等身大疑似3D映像

等身大疑似3D映像

一番上の写真はMCの様子をモニターで写したもの。下の2枚は、実際に等身大疑似3D映像でステージ上に映し出されたものである。画像だけで見ると本当にそこにいるように見える鮮明さ。実際に肉眼で見た感じも、ちゃんと立体的に映っていて、世界初の試みという段階では大成功だったのではないだろうか。今後このライブをベースに改良が重ねられると予想されるので、近い将来全編等身大疑似3D映像でライブビューイングが見られる日が近いかもしれない。

ユースタでは後日「NTT DOCOMO presents アンジュルムVSアップアップガールズ(仮) ~THANK YOU! DEAR MY FRIENDS~」の完全版ライブビューイングレポートを掲載する予定なので、楽しみにしてほしい!