完全版:アンジュルム×アプガの対バンライブ 渋谷タワレコでは・・

アンジュルム アプガ 対バン

アンジュルムとアップアップガールズ(仮)のツーマンライブが熱い! 渋谷タワレコ店では世界初の3D配信!

9月12日(水)、ハロプロに所属するアンジュルムとアップフロント系列のアイドル、アップアップガールズ(仮)がコラボしたステージ「NTT DOCOMO presents アンジュルムVSアップアップガールズ(仮) ~THANK YOU! DEAR MY FRIENDS~」がZepp Diver Cityにて開催された。このツーマンライブはハロプロエッグ時代より交友関係のあるアンジュルムリーダー和田彩花とアップアップガールズ(仮)佐保明梨が、対バンライブを熱望した事がきっかけとなり実現。ネット番組「アプカミ」でツーマンライブの開催が発表された。
また、この話題のアイドルツーマンライブで世界初の試みが実践。イマーシブテレプレゼンス技術「Kirari!」を活用してリアルタイムに伝送し、さらにホログラフィック映像投影技術を活用することで、サテライト会場(タワーレコード渋谷B1CUT UP STUDIO)のステージにアーティストの疑似3D映像を浮かばせるスペシャルパフォーマンスが披露された。

今回は、速報版では語られなかった、ライブ内容にフィーチャーしたライブレポートをお届け!


似た者同士! ライブ型アイドルの熱いコラボとバトル

ライブは『次々続々』『UPPER ROCK』のマッシュアップからスタート。オケの音が低音のビート強めで、音程をリードする音色が目立たないため、かなりリズムと音程を取るのが難しそうであったが、難なく歌い切る両者。さすが、ライブで鍛え上げられているだけある。
MCではアンジュルム和田彩花が「この二組ということで、最強のライブアイドルを決めたいと思うんですよ!」と宣言。バチバチなオーラを見せつつも「リハーサルが楽しすぎた」とこのライブが終わって欲しくないというツーマンの喜びを嚙みしめてたのが印象的だった。続くライブパフォーマンスをどっちが先にやるかをジャンケン勝負で決めることに。アンジュルムは最年少の笠原桃奈が、アプガは当時グループの卒業を控えていた仙石みなみがそれぞれ代表として選出。ジャンケンで勝った笠原桃奈はいつものハイテンションで喜びを爆発させていた。
アンジュルム アプガ

先攻のアンジュルムは、自身のロングセラー曲『大器晩成』を披露。いきなり本気モード突入である。『出過ぎた杭は打たれない』のロックナンバーで会場を盛り上げ、『七転び八起き』でダンススキルの高さを見せつけると、立て続けにライブの人気曲『カクゴして!』に繋げる。最後の和田彩花の「カクゴして!」のフレーズで、心を射抜かれたファンも多数だったに違いない。
スマイレージ時代の大人気曲で久しぶりのライブ披露となる『私、ちょいとカワイイ裏番長』は、10人になり6人の時とはまた違ったパワフルさを持った楽曲に生まれ変わっていて、一周回ってアンジュルムっぽい曲になっていた。ユーロビートが特徴的な『有頂天LOVE』も10人バージョンで披露し会場は大盛り上がり。特に笠原桃奈の「ない!」のフレーズは気合が入っていて、印象に残るソロパートを披露していた。

正直、このセットリスト。気合が入りすぎじゃないか?というくらい本気度が高いと思う。特に『私、ちょいとカワイイ裏番長』を引っ張り出してきたのは、やられた! と思ったファンも多かったのではないだろうか。それほどこの日のアンジュルムはマジモードできていた。
アンジュルム

続く、アップアップガールズ(仮)は『チョッパー☆チョッパー』からスタート。とにかく煽りが激しい。ここはアンジュルムにはないパフォーマンスだ。煽りや盛り上げ方の場慣れ感がハンパない。『キラキラミライ』では歌をしっかり歌う姿を見せる。関根梓の突き抜けるような歌唱力がこの楽曲を支えているように思う。歌もしっかり歌えるのがアプガの強みだと再認識させられた。
続く『ジャンパー!』では「一緒に飛ぶよ!」とファンを煽り、会場の一体感を生み出す。ライブアイドルの先輩、メロン記念日のカバー曲『お願い魅惑のターゲット』はやはり盛り上がる。ここにハロプロの歴史を感じさせるし、アンジュルムのファンもこの時点で、完全にアプガの応援に回っていたのが印象的だった。
アプガのラストスパートは『アッパーレ』から始まる。アプガのもう一人のメインボーカル佐保明梨の魂のボーカルがグッとするものを与えると、畳み掛けるように、アプガの代名詞ソング『アッパーカット!』を披露して会場を一体化していった。

『アッパーカット!』を見ればよくわかるが、やはりファンをのせるという点ではアプガのライブスキルはアンジュルムより上を行っていたように思う。間奏でカメラ遊びをしたり、メンバー同士の阿吽の呼吸など、同じメンバーでやってきた強みがよく出ていた。優等生の完璧アイドルのハロプロから離れて、自由とがむしゃらを武器にやってきたアプガらしいライブだ。

アップアップガールズ(仮)

両者のライブが終わり、再度MCで集結した17人。筆者的におもしろかったのは、アンジュルムの竹内朱莉がアプガの煽りの一部をしつこく大声で叫んでいると、アプガの新井愛瞳が「竹内うるさい!」と説教したシーンだ。この二人って声質やパッと見のビジュアルが似ていると思うのは筆者だけだろうか? 何かしらこの二人の絡みがあればおもしろいと思っていたが、まさかのケンカMCという形が実現してゾクゾクさせられた。

対バンの決着をまたもやジャンケンで決めることになった両者は、代表者を選出。アンジュルムからは低燃費キャラの勝田里奈が自ら代表に立候補し、会場をざわつかせ、アプガからはムードーメーカーの古川小夏が代表として勝負の舞台へ。まともやアンジュルムが勝利し、対バン対決はアンジュルムに軍配が上がった。

アンジュルム アプガ
対バンライブのあとは、コラボライブへ。佐保明梨のアカペラソロから始まるアプガの『パーリーピーポーエイリアン』では、アンジュルムの和田彩花もアカペラソロに参加し、場内から歓声が起こる。続けて『アッパーディスコ』『リスペクトーキョー』などアップアップガールズ(仮)の曲や『ドンデンガエシ』『臥薪嘗胆』などアンジュルムの曲を披露。
アンジュルム アプガ
『夢見る15歳』は、佐保明梨、船木結、和田彩花、新井愛瞳の並びで歌唱。しゅごキャラエッグの4人から佐保明梨だけ抜けて小川紗季を入れたメンバーでスマイレージが結成されたエピソードを知っている人には、感慨深いパフォーマンスだったのではないだろうか。しかも佐保明梨が小川紗季の歌割りとポジションを担当していたのも、もしもな連想をさせるシーンになっていた。
アンジュルム アプガ
『バレバレI Love You』を選抜メンバーで披露したあと、本編ラストはハロコンでも盛り上がる伝説のハロプロソング『スキちゃん』を全員で熱唱。間奏ではおそらく過去最高人数となるアンジュルムとアプガ17人分のスキちゃんコールをファンがコールし、会場はこれ以上ない盛り上がりと一体感を見せ、ライブの幕を閉じた!
アンジュルム アプガ

その頃、渋谷タワレコでは世界初の等身大疑似3D映像ライブビューイングを実践

今回のツーマンライブではイマーシブテレプレゼンス技術「Kirari!」を活用した、世界初の等身大疑似3D映像ライブビューイングが実践。会場となるタワーレコード渋谷B1CUT UP STUDIOでは、ライブビューイングを楽しむファンと世界初の試みを取材する各メディア媒体が駆けつけ、期待と緊張感に包まれていた。

アンコールの冒頭に和田彩花と佐保明梨が登場し、ライブの感想を述べる中、次に披露される曲は世界初の等身大疑似3D映像ライブビューイングになることを説明。ステージにいる自分達はどうなっているか実感がないけれど、渋谷にパフォーマンスを届けたいと意気込む。披露されたのは、2人にとって思い出の曲である『笑顔に涙~THANK YOU! DEAR MY FRIENDS~』。

それぞれ画像を見比べて見て欲しい。


こちらは、ライブ会場での生ライブの画像。ファンのペンライトも相まって、ライブ感が満載だ!
和田彩花 佐保明梨
こちらは、渋谷タワレコの会場にあるモニターを一眼レフで撮影したもの。さすがにモニター感が満載で、リアルさは薄い。
和田彩花 佐生明梨 等身大疑似3D映像

等身大疑似3D映像
こちらの2枚は、実際に等身大疑似3D映像でステージ上に映し出されたものである。画像だけで見ると本当にそこにいるように見える鮮明さ。実際に肉眼で見た感じも、ちゃんと立体的に映っていて、世界初の試みという段階では大成功だったのではないだろうか。今後このライブをベースに改良が重ねられると予想されるので、近い将来全編等身大疑似3D映像でライブビューイングが見られる日が近いかもしれない。

かつてハロプロエッグの1期生として活動を共にしていた和田彩花とアップアップガールズ(仮)のメンバー達(佐藤綾乃は6期)。特に和田彩花と佐保明梨はしゅごキャラエッグという選抜ユニットで一緒に活動してきたので、二人のキズナは深い。あれから長い年月が経ち、和田はハロプロリーダーに、佐保明梨はアプガのメインボーカルとしてそれぞれグループの看板を背負う存在になった。
そんな二人が一緒の舞台に、しかも対バンライブという最高の形で共演できたのは奇跡に近いことだ。

そして、この二人だけでなく、アンジュルムの後輩メンバーも自分のことのように熱いパフォーマンスを見せていたし、アプガのメンバーもエッグ時代の懐かしさを大切にしつつ、アプガで培ったものをアピールするというのも忘れずにやっていた。
違うグループ、環境であるが、目指している光景は一緒なのかもしれない。今後も両グループの活躍に明るい未来を感じさせるライブであった!

《セットリスト》
OP.二の足Dancing / アップアップガールズ(2)

アンジュルム×アップアップガールズ(仮)
01. 次々続々 UPPER ROCK マッシュアップメドレー

アンジュルム
02. 大器晩成
03. 出すぎた杭は打たれない
04. 七転び八起き
05. カクゴして!
06. 私、ちょいとカワイイ裏番長
07. 有頂天LOVE

アップアップガールズ(仮)
08. チョッパー☆チョッパー
09. キラキラミライ
10. ジャンパー!
11. お願い魅惑のターゲット
12. アッパーレー
13. アッパーカット!

アンジュルム×アップアップガールズ(仮)
14. パーリーピーポーエイリアン
15. アッパーディスコ
16. リスペクトーキョー
17. ドンデンガエシ
18. 臥薪嘗胆
19. 夢見る15歳
20. バレバレI Love You
21. スキちゃん
<アンコール>
22. 笑顔に涙~THANK YOU! DEAR MY FRIENDS~(和田彩花、佐保明梨)
23. 青空がいつまでも続くような未来であれ!

アンジュルム公式サイト:http://www.helloproject.com/angerme/

アップアップガールズ(仮):http://www.upupgirlskakkokari.com/