「アメトーーク!」で放送された中毒性あるダンスが話題に!

三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎 ラタタ

三代目 J SOUL BROTHERSの山下健二郎が20日放送のバラエティ番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)に出演。
番組内で披露した「ラタタダンス」が話題になっている。

ゴールデン3時間特番『アメトーーーーーーク 踊りたくないパプリカ キャンプ&チョコの秋 淳&蛍原MC合体SP』の千原ジュニア、陣内智則、大悟(千鳥)らダンスが苦手な芸人が集結する大好評企画「踊りたくない芸人」のパートに出演した山下健二郎は、各芸人の奇妙な動きに大笑いしながらも、ダンスのポイントを適切にアドバイス。

今回もまた大盛り上がりの企画となったが、その中で山下健二郎、千原ジュニア、三四郎の小宮が踊った「ラタタダンス」が注目を集め、Twitter上では「ラタタが頭から離れない」「アメトークみて脳内ラタタ」とその中毒性ある楽曲とダンスが話題になっている。

この三代目 J SOUL BROTHERSの「Rat-tat-tat」は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン期間限定イベント「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」内で行われる「ゾンビ・デ・ダンス」のテレビCMソング。
CMでNAOTOと山下健二郎がゾンビの集団を従えて踊るコミカルなダンスが、以前から話題になっていた。

インパクトのある楽曲とコミカルなダンスが印象に残り、
Twitter上では「#ラタタダンス 」「#ラタタ 」で総ツイート数は10万件を超え、「三代目」のワードは一時トレンド検索1位になるなどの反響があった。

今年のハロウィン&忘年会ソングの筆頭として、「ラタタダンス」が注目を集めそうだ。

「ラタタダンス」スペシャル動画はこちら
usj.eng.mg/e20bf